2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

夢枕獏の文体のガイドライン

1 :水先案名無い人:2005/06/08(水) 23:51:04 ID:HdWJfha90
すぐにスレを立てた。
拳。
拳。
肘。
足。
肘。
踵。
指。
拳。
みごとな攻撃であった。

関連スレ
夢枕獏×板垣恵介【餓狼伝】23 板垣シェーダ
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/comic/1115364612/l50
【放置プレイ】夢枕獏 巻之五【続行中】
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1106812422/l50

57 :水先案名無い人:2005/06/12(日) 22:11:34 ID:DVW2WgTR0
「チャーハン・・・作るよ――」
男の双眸の奥にこわいものが光る。
手にしたフライパンの上でチャーハンが踊る。
米飯が踊る。
豚肉が踊る。
野菜が踊る。
卵が踊る。
油で炒め、塩胡椒で味付けされたチャーハンが、踊る。
踊る。
踊る。
その時であった。
「アッ!」
信じられないものを見てしまった。
なんという事か――
チャーハンが宙を舞う。
香りほとばしるチャーハンが、虚空に舞った。
米飯が、豚肉が、野菜が、卵が、床に散らばった。
男の双眸は、光を失った。
膝から、力無く崩れ落ち、両の手を地に突いた。
失意の彼が、口を開いた。
「よし」
何がよし、なのか。
「バレてない――」
我が耳を疑った。
バレてないだと!?
まさか――
彼は無残に散らばったチャーハンを掻き集め、フライパンに戻した。
一粒残さず――
そして、そのチャーハンを皿に盛り、言った。
「できたよ」

58 :水先案名無い人:2005/06/12(日) 22:32:33 ID:4O0U5k+a0
>>57
なんという──
なんという、男なのか。
こぼれたチャーハンを、フライパンに戻す。
そして、それを相手に差し出す。
相手は汚いチャーハンを、疑いもせずに口へ運ぶのであろう。
このようなことを、するのか。
このようなことが、できるのか。
良心などといったものに邪魔されることなく、こういうことをしてのける。
たまらぬ男であった。

398 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)