2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

夢枕獏の文体のガイドライン

1 :水先案名無い人:2005/06/08(水) 23:51:04 ID:HdWJfha90
すぐにスレを立てた。
拳。
拳。
肘。
足。
肘。
踵。
指。
拳。
みごとな攻撃であった。

関連スレ
夢枕獏×板垣恵介【餓狼伝】23 板垣シェーダ
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/comic/1115364612/l50
【放置プレイ】夢枕獏 巻之五【続行中】
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1106812422/l50

621 :水先案名無い人:2005/07/22(金) 18:28:33 ID:abcUeaiz0
愉快だった。
たまらなかった。
思う前に体が動いていた。

追う―――
追う―――
追う―――

靴など履く暇などない。
追った。
裸足でだ。
走り出してから、ふと、思う。
何故、追っているのか!?
もうあの魚は食い物にはならない。
それこそ猫にやってしまえばいいと思う。
それに猫を捕まえてどうしようというのか。

殺すか!?

いや―――
そこまでの恨みなどは持っていない。
では何か。
思う。
追っているのは、そう―――発作のようにわきあがったこの感情、
形容しがたい原始的なこの感情のせいだ。


622 :水先案名無い人:2005/07/22(金) 18:30:02 ID:abcUeaiz0
ふとバイクとすれちがう。
ああ、あれは三河屋だったな。
笑っていた―――。
おかしいだろうな、三河屋よ。
自分もおかしいと思うさ。
年柄もなく、なりふりかまわず、裸足で畜生を追い回しているのだ。
狂人ではないなら、なんというのだ。
ふと、自分の口がつりあがり笑みがこぼれているの気づいた。
屁のつっぱりになどにもならないくだらぬ考えなど捨ててしまえ。
いっそ狂え。狂ってしまえばいいのだ。

愉快だった―――
空も雲一つなく、それこそ狂ったように晴れた日であった。



398 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)