2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

世界大戦争

1 :この子の名無しのお祝いに:04/12/11 21:38:59 ID:X5lJ3+KZ
もう少しでDVD発売だね

2 :この子の名無しのお祝いに:04/12/11 22:04:39 ID:XkSXWCcP
もういくつ寝ると お正月
お正月には 凧揚げて
駒を廻して 遊びましょう
早く来い 来い
お正月

―哀しげな音楽スタート、一面の溶岩流の表面のような東京・・・フィナーレ


〜 糸冬 〜

3 :この子の名無しのお祝いに:04/12/12 07:12:23 ID:IGgpJ95R
このスレに、人間が一人も居なくなるんですか
人間って、素晴らしいものなんだがなあ


4 :この子の名無しのお祝いに:04/12/12 10:53:22 ID:g7+RoACF
見た事無いから見てみたいと思ってるんだけど、いきなりDVD買っちゃうのもな。
うちの方にゃゴジラシリーズ以外の東宝特撮映画ビデオって、レンタルにあまり無いんだよな。
これなんか特に怪獣ものじゃないからって事もあるんだろうな。


5 :この子の名無しのお祝いに:04/12/12 12:23:27 ID:ABHN4gly
>>4 買うべし!  傑作ぢょ

6 :やるべす:04/12/12 12:59:44 ID:3fa9Vqrg
パリ凱旋門のクラッシュシーンは素晴らしいですね。
破壊とほとんど同時にその細かくなった破片が水爆の爆風で上空に吸い寄せらていく、、、
はじめて見たとき、『ええっ!どうやって撮ったの?』
あとで、凱旋門近辺のミニチュア全体を天地逆にセットして爆破したという撮影方法を聞いて、さらに感動。


7 :この子の名無しのお祝いに:04/12/12 13:16:35 ID:CseY2bm1
最後、あきらめモードで茶の間に鎮座する一家のシーン、
で核爆弾投下、みたいに終わるのがこの映画ですか?

8 ::04/12/12 14:00:33 ID:F82UrXdi
http://live14.2ch.net/test/read.cgi/liveplus/1102752410/
狂言の挙句、自ら削除依頼を出す。
しかし削除人から怒られ、本スレで個人情報を晒される。

9 :この子の名無しのお祝いに:04/12/13 03:25:45 ID:XJAx0aGv
冷戦のさなかに制作されたのに
「同盟側」「連邦側」(だっけ?)という風な
架空の味付けをしてあるのがちょっと残念。
米ソ対立をそのまま持ち込んだらリアル感も更に増したろうに。

劇の中盤あたりでどちらかの陣営のミサイルが故障して、あわや発射か?というシーンを
司令官自らが故障の修理をするというあり得ないシチュエーションと
緊迫感の全くないのんびりした演出に苦笑しながらみていたが
故障を直した司令官がサイロの上の方で懐中電灯を無言で振っているカットが
個人的にはこの映画の中でもっとも印象的なものの一つだった。

10 :この子の名無しのお祝いに:04/12/13 15:23:43 ID:FCixuYOc
>架空の味付けをしてあるのがちょっと残念。
>米ソ対立をそのまま持ち込んだらリアル感も更に増したろうに。

分かっとらん膿。敗戦国真っ直中ってこと、分かってない評論ヲタじゃ膿。


11 :この子の名無しのお祝いに:04/12/13 19:20:37 ID:IQ/egfBV
スレタイに引かれてきたんですが、
フランキー堺が出てるやつ?

12 :この子の名無しのお祝いに:04/12/13 19:23:34 ID:IQ/egfBV
age


13 :船の上でラッキー!:04/12/14 14:44:41 ID:dFevFOYE
…シアワセダッタネ…シアワセダッタネ…

14 :この子の名無しのお祝いに:04/12/14 17:50:57 ID:LWtM9ZVZ
みんなで御馳走を囲む、というのはどうなんだろ。
こういう状況に陥ったら、いつも通り淡々と日々の生活を送ってしまうような気がする。

15 :この子の名無しのお祝いに:04/12/14 21:14:53 ID:3VT559W1
誤:…シアワセダッタネ…シアワセダッタネ…
正:…コウフクダッタネ…コウフクダッタネ…


16 :この子の名無しのお祝いに:04/12/15 03:09:17 ID:1RiNiD53
玉音放送:…コウフクダッテネ…

17 :この子の名無しのお祝いに:04/12/15 16:20:15 ID:SjT+ACro
「渚にて」に似ている所が多かったな。
もしかしてリメイク?

18 :↑ キューバ危機とか知らないのかな… :04/12/17 21:30:47 ID:8beDnDgX
                                 .

19 :この子の名無しのお祝いに:04/12/17 22:29:25 ID:MAjAn/U8
実際にはキューバ危機の前年なんだけどな。
それだけにこの映画の先見性はすごいということなんだけど。
もっと、語られてもいい映画だと思うんだけどなあ。

それにしても今度のDVDで松林監督は何を語るのだろう。

20 :この子の名無しのお祝いに:04/12/17 23:39:50 ID:fNYwH4xv
この映画、タイトルで随分損していると思う。

21 :この子の名無しのお祝いに:04/12/18 14:09:11 ID:+0rlxEGa
>20 たしかに!

22 :この子の名無しのお祝いに:04/12/18 14:43:04 ID:e5d0ggRA
>>21
島田荘司命名の「今日で世界も終わり」(だったか?)ならどうよ

23 :この子の名無しのお祝いに:04/12/18 19:28:28 ID:9liZXIKq
>>17
> 「渚にて」に似ている所が多かったな。
> もしかしてリメイク?


船を見送るシーンはいただいてるよな。
テーマがテーマだし。


24 :この子の名無しのお祝いに:04/12/18 21:00:42 ID:hzOOkK/G
DVDに監督のオーコメ付くの?

25 :この子の名無しのお祝いに:04/12/18 23:05:48 ID:M9ajeujY
子供の頃、この映画の存在を知らなかったから
ウルトラセブンの最終回は凄い金の掛かってる
な〜と思いこんでいた。

26 :この子の名無しのお祝いに:04/12/19 00:22:52 ID:/XbpSI9t
>>25
成る程。

27 :この子の名無しのお祝いに:04/12/20 22:22:47 ID:RNiqvNrG
発売まであと3日

28 :この子の名無しのお祝いに:04/12/21 08:42:32 ID:lANG4CNg
世界の破滅がこんなに待ち遠しいなんて。

29 :この子の名無しのお祝いに:04/12/22 18:42:02 ID:ir+DerO3
DVD届いた。
家族も皆、外出中。
さぁ、思い切り泣くぞ〜ォ

30 :この子の名無しのお祝いに:04/12/22 19:50:09 ID:VgzZDRRh
>>29
コウフクダタネ・・・

31 :この子の名無しのお祝いに:04/12/22 22:09:00 ID:9wE1LbPH
>>29
熱が下がったら動物園行こうね

32 :この子の名無しのお祝いに:04/12/22 22:09:12 ID:qlKwHyvB
たしか以前、東宝特撮スレに書いたんだが・・
フランキー堺のヨメ(中北千枝子?)が娘と生き別れンなって
逃げまどう群衆のなかで息絶えたり、フランキーが物干し台でしみじみと泣いたり・・
とにかく当時の小学生にとっては実写部分が途轍もなくヘビィだった記憶。
なんせTVで観たのがキューバ危機から間もない頃だったから、周囲のオトナも真剣に怖がってた。
ま、とにかくガキの恐怖心を煽るシチュとしては充分過ぎるほどだった。

てなわけでDVD予約してしまったんだが、ちゃちな特撮や脚本の不備なんかで
過去のイメージがぶっ壊される予感が・・・正直・・・・ある。

33 :この子の名無しのお祝いに:04/12/22 23:06:25 ID:Ue6U3y60
オープニングで1分20秒程真っ黒な画面はそういうモノなの?

34 :この子の名無しのお祝いに:04/12/23 00:02:41 ID:9r+8cI20
>>33
俺はまだDVD観てないからなんともいえないが、
音楽がかぶっているなら、それは「序曲」ってやつだよ。
「モスラ」の旧ビデオ版でもそうだったはず。
「アラビアのロレンス」とかもそうだっけ。
劇場公開のときと同じはずだから心配ないと思うが、
まさか、最後まで真っ暗なわけじゃないでしょ?

35 :この子の名無しのお祝いに:04/12/23 00:19:38 ID:VBgBJu4G
>>34
スタートレック(TMP)もそうだったね。
世界大戦争は、浅草東宝オールナイトの遠い記憶だと、青画面に序曲だった気がする。

36 :この子の名無しのお祝いに:04/12/23 02:21:32 ID:AloDFO/+
すげぇ映画だよ。
フランキー堺がタクシーの運ちゃんでね、セコく生きてる庶民のひとりでね。
ささやかな幸せにしがみついているのに、なんで死ななきゃなんねぇんだ、って。
なんか悪いことしたか、って。
ちくしょう、それでも俺は生きていたいのに、って。
それでドカンですよ。

37 :この子の名無しのお祝いに:04/12/23 03:06:53 ID:frlLwV3b
・゚・(つД`)・゚・ 

38 :この子の名無しのお祝いに:04/12/23 05:45:12 ID:EcJsEJXL
>>33et.al
昔(無声映画時代)からの習慣なんだな。
客の眼を暗さに順応させるための工夫なんだな。
そらにそのルーツは、と言えば、バレエや歌劇や演劇や演奏会で女客(貴族や上流)どもの
くっちゃべりを黙らせるための前奏(プリアンブル)なんだな。

近年(w)、トーキーになってからはオープニングの俳優名のロールがその代わり
になったしスクリーンが十分高輝度になったから要らなくなったんだが、
大作っぽい雰囲気の演出や格好つけ監督の趣味でやってるんだな。
この世界大戦争の場合は、
賞をもらってからの凱旋再上映のときから貫禄付けに付けたんだな。
最初の封切り公開のときは無かったんだな。何故知ってるかと言えば
儂が厨2のとき日劇の封切りを見たから知ってるんだな。


39 :33:04/12/23 10:43:39 ID:aoDsv/+w
>34>35>38
ありがとうございました

40 :この子の名無しのお祝いに:04/12/23 15:19:51 ID:ei8fJqql
DVD買った。
松林監督がご存命で、しかも元気にコメントしてる。
これって凄いことだよね。

フランキーさんは、亡くなられているというのに。

41 :この子の名無しのお祝いに:04/12/23 15:58:59 ID:MyYmZ0el
>>40

オーコメ本当良かったですね。よくぞ間に合ったと言う感じ。

「この作品は再び注目される時がくるはず。僕が死んだ後だろうけど」
例のフランキーの叫びの時だったかな。本当に魂込めて作ったんだなと
言うのが分かりますね。あと、本心から出てる言葉が多かったですね。
「星くん、綺麗だ」何回言ったんだろう。
(確かに綺麗なんだよなあ、この作品の星由里子は。文芸作の星由里子は
 見たことないけど若大将、クレージーでの星由里子と比べても美しい。
 若大将で言えば南太平洋やリオ、「クレージーだよ奇想天外」も美しいのだけど)
あと、「キャメラ」についてのコメント多かったですね。撮影については
あまり考えた事なかったけど確かにこの作品は美しく撮れている。
特典の資料を見ても思ったけど東宝全体が総力を結集して作った作品だけに
もっと評価されていい作品ですね。

P.S.
そうそう、>>9が言っている事についても語っていましたね。
やっぱり、当時の世相も鑑みないといけないですよね。

42 :この子の名無しのお祝いに:04/12/23 17:35:45 ID:jny+JA6a
32よ。イメージがぶっ壊れた感想を述べよ

43 :この子の名無しのお祝いに:04/12/23 21:56:50 ID:Z+xrw2FT
買ったよ〜

ゆっくり見よっと

44 :この子の名無しのお祝いに:04/12/23 23:24:45 ID:EcJsEJXL
>41
>東宝全体が総力を結集して作った作品

そーじゃーねーって生き証人の記録がいっぱいあるでしょう?何を歴史捏造してんのよ。

45 :この子の名無しのお祝いに:04/12/24 00:04:40 ID:wg8iud/l
>>41

【ゴジラ】昭和東宝特撮SF映画総合2【円谷】
http://that3.2ch.net/test/read.cgi/rmovie/1090388469/192 参照汁。




46 :この子の名無しのお祝いに:04/12/24 02:34:12 ID:0t1qx7CR
この作品は東宝の経営陣から「サヨ臭い」、「陰々滅々」、「GHQ筋からまた干渉が来たら(時代錯誤な杞憂)」その他、
脚本段階でもう相手にされなかった。B級C級D扱いだったのを、いわば現場の頑張りで押し通した。
もちろん黒沢的精神構造人種からは「また科学馬鹿共が」とコケ(障害者)扱いで、子分の監督どももみな同じだった。
それが一転、芸術賞に輝いてしまったもんだから、さあ大変、手のひらがコロコロ。黒沢天皇はぶんむくれだった。


47 :この子の名無しのお祝いに:04/12/24 11:34:14 ID:YuXg4z5w
↑黒澤信者が読んだら血圧上がりそうなw
見てないが、皆のコメントみてたら良さそうな映画だね、フランキー堺
ってコメディももちろん良いが、シリアスでも光る俳優だったな。
日本のジャック・レモンと言える。

48 :この子の名無しのお祝いに:04/12/24 12:21:29 ID:+OJ6U/2Z
>>9
>緊迫感の全くないのんびりした演出
時計のセコンド音だけを響かせて、結構緊迫感があったと思うが。
事故の前の、巨大なミサイルを軍人たちがこわごわ見上げているカットは効果的だった。
この映画の外人はほとんど在留のアマチュアばかりなので、演技の下手なのが惜しまれるが。

>>14
>みんなで御馳走を囲む、というのはどうなんだろ。
高度成長の時代とはいえ、庶民の生活は質素だった。
息子を自分の行けなかった「デエガク」に行かせてやりたかったと号泣する
フランキーにとっては、せめて最期のときくらいは……ということでいいんじゃないの。
子供の「お正月みたいだね」というのが泣かせる。

>>44
>何を歴史捏造してんのよ。
>>41じゃないが。藤本真澄、田中友幸という東宝の2大プロデューサーが共同製作した作品は
この映画のほか、「日本誕生」「忠臣蔵」「日本のいちばん長い日」くらい。
確かに脚本や題名、スタッフ、キャストは二転三転したりしたが、準備期間や撮影期間、予算も含めて
東宝としては万全の布陣で臨んでいる。東宝が総力を結集した、といっても決して間違いではないと思うが。

49 :↑それぜんぶが後付けアリバイ相乗りわっしょいでしょ:04/12/24 18:20:30 ID:0t1qx7CR
.

50 :この子の名無しのお祝いに:04/12/24 18:41:20 ID:9Duj+SLP
冒頭に出て来る神社って深川の富岡八幡じゃないかと思うのだけど、
真偽のほどをご存じの方いませんか?

51 :この子の名無しのお祝いに:04/12/24 18:42:30 ID:wQMXwO0L
↑もうさー、俺らいい歳なんだからさぁ、マターリせえよ・・。

52 :この子の名無しのお祝いに:04/12/24 18:46:11 ID:wQMXwO0L
おや、失敬。ごめんね>>50

53 :この子の名無しのお祝いに:04/12/24 18:51:04 ID:0t1qx7CR
おれは良い歳ではないよ。戦後日本が豊かになったのはあんたちが働いたからでしょ。>51


54 :この子の名無しのお祝いに:04/12/24 21:44:16 ID:dPeezAdP
日本が豊かになったのは、朝鮮戦争の特需のお陰ニダ。

55 :この子の名無しのお祝いに:04/12/24 21:49:57 ID:dhk7ZT8Y
そうだな、お前達愚かな虫ケラ共が殺しあったおかげだな(w

56 :この子の名無しのお祝いに:04/12/24 21:53:05 ID:OEQ0ueB7
正直、日本も戦中戦争直前は北朝鮮みたいな軍事国家
だったもんなぁ。北朝鮮は自分の恥ずかしい過去を見る
みたいなもんなんだよ。>>55みたいな反応はw

57 :この子の名無しのお祝いに:04/12/25 00:24:55 ID:BCZAbnn/
DVD買って10数年ぶりに見直したんだが、
自分にガキができる前とできた後では、胸に迫る度合いがぜんぜん違う映画だと判ったよ。
今、とんでもなく鬱な気分。

58 :この子の名無しのお祝いに:04/12/25 02:52:26 ID:qsRGFt05
>>46
東宝といえば48年の大争議以後、
反共で押し通してた会社だな。
後に山薩と手を組んだときはかなり話題になった。

59 :この子の名無しのお祝いに:04/12/25 13:45:08 ID:PPBLGtjt
オーコメでの松林監督が40年以上前の作品なのにハロルド・コンウェイの
ミサイル発射直前の「回避できて良かった」の演技に「やはり素人なんだ
なぁ・・・」と満足しておらず、その後のフランキー堺のシーンに「やっぱり
フランキーはうまいなぁ・・・」と言ってるのにワロタ

60 :この子の名無しのお祝いに:04/12/25 21:04:30 ID:SiYCC506
>>50
はい、ご明答

61 :この子の名無しのお祝いに:04/12/25 21:08:33 ID:m5KntaVE
>>56
たった数年のことじゃないか。
それに中国、アメリカ、イギリスといっぺんに戦うにはあのくらいの統制は当然。
いま振り返れば生ぬるいくらいだ。

それに比べて北朝鮮は何十年も、しかも体制維持のためのしめつけだ。
一緒にしてほしくないね。



62 :この子の名無しのお祝いに:04/12/25 21:09:51 ID:3NZUAKDD
数年てことはないだろ。

63 :この子の名無しのお祝いに:04/12/25 21:22:52 ID:9dg9gA2j
統制再現を願う香具師の口臭がうざ

64 :この子の名無しのお祝いに:04/12/25 21:30:49 ID:9S9gGX+P
っていうか、締め付けが厳しくなったのは末期の事だろ

65 :この子の名無しのお祝いに:04/12/25 23:29:46 ID:J0gINSQd
国民が飢えたのは戦後だったよね

66 :この子の名無しのお祝いに:04/12/26 00:57:43 ID:/xcT3Rsm
撮影当時、フランキーさんが31歳、
音羽さんが37歳。

うわぁ・・・。
俺、母ちゃんと同い年だよ。orz

67 :この子の名無しのお祝いに:04/12/26 05:37:01 ID:aHi+b50L
>>64
小学校から勉強し直せ……いや、小学生なのか?

68 :この子の名無しのお祝いに:04/12/26 05:50:58 ID:MGWD/RZD
>62
衣料品が配給制になって切符がないと買えなくなったのは、
太平洋戦争開戦の前なんだよ。

69 :この子の名無しのお祝いに:04/12/26 14:04:40 ID:aHi+b50L
それ以前は統制がなかったとでも思ってんの?
言論統制なんかは明治以来だよ。

70 :この子の名無しのお祝いに:04/12/26 15:13:46 ID:9SvlMzh2
日本帝国は北朝鮮と同じような国家です。
反逆的言動をすると「治安維持法」で徹底的弾圧(小林多喜二なんか
官憲に拷問・虐殺)されました。

日本と北朝鮮は兄弟のようなもんだね。

71 :この子の名無しのお祝いに:04/12/26 15:44:16 ID:IG4ZLZ0v
テロリストの拷問虐殺は当たり前では?!

72 :↑↑ 在日が母国を弁護してるんだから放置で進行。 :04/12/26 15:54:38 ID:8xVk9S4M
.                   右翼の実態は在日

73 :この子の名無しのお祝いに:04/12/26 16:00:33 ID:9SvlMzh2
歴史の真実から目を背けようとする>>72の在日が恥ずかしい
くらいだね。


74 :この子の名無しのお祝いに:04/12/26 16:21:18 ID:Nhk4QBwA
大正デモクラシーも知らない奴らがなに言ってんだか。

75 :この子の名無しのお祝いに:04/12/26 17:08:11 ID:aHi+b50L
>>74
知ってるよ。
結局たいした成果は挙がらず、1925年の治安維持法制定で息の根を止められたんだよね。

76 :この子の名無しのお祝いに:04/12/26 17:08:19 ID:jGrng5lc
大東亜戦争は正しかった。

              以上

77 :この子の名無しのお祝いに:04/12/26 17:11:23 ID:zxnp25fu
にちゃん大戦争



人間個々人がこんなんじゃ、いくらこんな作品見ても
戦争は永久になくならいよなー。

78 :この子の名無しのお祝いに:04/12/26 17:15:36 ID:c7G8dyo8
と、いうことで仕切りなおしていきましょうよ。

79 :この子の名無しのお祝いに:04/12/26 17:19:08 ID:c7G8dyo8
>>66
それよりも当時星由里子が17才だったってのに驚いた・・

80 :この子の名無しのお祝いに:04/12/26 17:23:07 ID:NhA1yw/g
劇中の年齢設定って、どうなってるんだろう?
長女は結婚、次女は七五三って。。。。

81 :この子の名無しのお祝いに:04/12/26 17:24:27 ID:dNSjYOQR
>>79
ままま、まじ?
そうか、俺の半分しか生きられなかったのか・゚・(ノД`)・゚・

82 :この子の名無しのお祝いに:04/12/26 17:50:28 ID:Nhk4QBwA
>>77
戦争するべき時には戦争をするべきなんだよ。
この平和ボケが。


83 :この子の名無しのお祝いに:04/12/26 17:58:18 ID:4X7jtRf+
>60
おお、やっぱりそうでしたか。

84 :この子の名無しのお祝いに:04/12/26 18:25:51 ID:BDCZ6gfO
DVD買った。チャプターの割り方に不満。前奏曲だけ飛ばせないのね。

85 :この子の名無しのお祝いに:04/12/26 18:26:48 ID:TJJEW46y
>>82の家だけに小型核爆弾炸裂させて戦争終結でえーわw

86 :この子の名無しのお祝いに:04/12/26 18:44:45 ID:IG4ZLZ0v
核がいるくらい豪邸にすんでんのか?

87 :この子の名無しのお祝いに:04/12/26 19:16:41 ID:bNi6V0E9
DVD買おうかどうしようか迷ってる人は買ったほうが良い!!
マジおすすめ。

フランキー堺の物干し台での演技は泣かせる・゚・(つД`)・゚・

88 :この子の名無しのお祝いに:04/12/26 19:19:18 ID:4HN+K1gt
焼き芋とクリームパンとゆで卵とおいなりさんが無性に食いたくなったw

89 :この子の名無しのお祝いに:04/12/26 23:09:31 ID:8xVk9S4M
82は電気とめるだけで無条件降伏します

90 :この子の名無しのお祝いに:04/12/27 00:02:30 ID:/bdi+eKX
DVDのジャケット見ると、明らかにミニチュアと
おぼしきチャチなミサイル発射台搭載車が映っている。
あれは劇中で出てくるのか?

91 :この子の名無しのお祝いに:04/12/27 00:57:19 ID:eDlnFDFn
>>90
特撮が本物っぽいかというと全然そんなことのない映画。
ジャケットのミサイル発射台が出てくるようなちゃちなシーンも少なくない。
が、それを上回る映像イメージ力で驚かされるところもある。

それに特撮よりも何よりも脚本と役者が素晴らしい。必見だよ。
特撮だけ目当てなら見ない方が良い。

92 :この子の名無しのお祝いに:04/12/27 01:19:15 ID:nLIGHpp6
特撮なしでも買って悔いない作品だな、松林監督に一礼。

93 :この子の名無しのお祝いに:04/12/27 06:12:20 ID:n+ibUetL
敬礼のまちがいじゃねーのか

94 :この子の名無しのお祝いに:04/12/27 06:57:25 ID:cpNpETUf
お坊さんに敬礼はいかがなものか。

95 :この子の名無しのお祝いに:04/12/27 14:55:45 ID:1lL0odU/
>>90
あのミニチュアっぽさがいいんだろうがw

96 :この子の名無しのお祝いに:04/12/27 14:59:46 ID:1lL0odU/
このスレって若い人が多いのかな?
俺なんかは画面から感じられるあの当時の匂いだけでも。・゚・(ノ∀`)・゚・。もんだが

97 :この子の名無しのお祝いに:04/12/27 16:51:43 ID:RPsYLjSO
特撮、そんなにちゃちかなぁ。
当時の海外作品と比べても遜色ないんじゃない。
洋の東西を問わずミニチュアシーンはミニチュアって大抵分るよ。
東宝円谷特撮は、本物と見紛うリアルさを必ずしも追及せずに、
画面の面白さで我々を喜ばせたんだね。
ミサイル基地のジープの走る速度とかは、
ミニチュアと分るけれどもそれっぽくて好きだな。


98 :この子の名無しのお祝いに:04/12/27 17:33:03 ID:3LCs/eBC
円谷ミニチュアって当時の世界のプラモマニアを熱狂させてたんだよ。


99 :この子の名無しのお祝いに:04/12/27 19:13:30 ID:n+ibUetL
特撮嫌いの文学文士さまバージョンで、円谷シーン全部カットのDVD出してもらいなよ。




100 :この子の名無しのお祝いに:04/12/27 21:15:53 ID:hvRxbKt4
ミニチュアといっても、精巧にできていたり
爆破で粉々に吹き飛ぶ粉塵とかリアルであれば、
よくできていると思う。ただ、子供向け特撮ヒーロー
ものみたいなミニチュアはうれしくない。

101 :この子の名無しのお祝いに:04/12/28 01:40:24 ID:VgJvOB7K
>>97
今の目から見ると十分にチャチです。仕方ない事だね。

当時のミニチュアは木工主体で、細かいディティールが必要な場合は
真鍮の削りだし部品等を外注の業者に出して作らねばならなかったが
お金が掛かってしまうのでそれもあまり出来なかった。
なので、プラモデルの部品などをふんだんに使いディティールを加えたり
レジンなどで細かいパーツを大量に複製して使われる現在のディティール豊かな
ミニチュアよりはどうしても見劣りするのは免れない。

おまけに接写レンズ等が発達していない当時。
ミニチュアへの接近感を出すためには大きなモデルが必要で
それが出来なければ「引き」のポジションしか構えられず
どうしても接近感を出すのは不可能。

おまけにミニチュアに仕込めるような小さなライトや
電球のバリエーションが現在より少ないのも不利。
ミサイルサイロの中のミニチュアセットなどの照明は
現在のように仕込み球などでは賄えなかったので
すべてセットの外から当てられていて
これはリアリティーの点から言えばやはり不利だ。

でも、非常に丁寧な作りの特撮だね、この頃は。
おまけに職人芸の大爆発。空対地ミサイルが戦車に当たって爆発するのを
1カットで撮ってしまったのはこの映画だったか?
ちょっと考えれば判ることだが、これは信じられないほど物凄い仕事だ。
まぁ、この映画の特撮は当時のレベルから言えばかなり高かったんだろうね。
ベーリング海での空中戦を見た海外のバイヤーが東宝の社員に
「これは本物の飛行機を何機飛ばして撮ったんだ?」と尋ねたという逸話が残っているが
これは当時における特撮への評価をある程度推し量れる基準になるだろう。

102 :この子の名無しのお祝いに:04/12/28 05:09:00 ID:s0AHD/Ug

lip service という大人の世界の処世術を少しは身に着けようね>「話し相手をお宅と言う発育不良人種」さん



103 :この子の名無しのお祝いに:04/12/28 11:55:49 ID:yuad8EJf
この時代の、このての作品のミニチュアにたいして
チャチだのなんだのと現代の感覚で批評するのは
あまり意味がないと思う。

104 :この子の名無しのお祝いに:04/12/28 15:08:07 ID:uJ8Km8ta
小野寺成明1971、6、1生まれ

105 :この子の名無しのお祝いに:04/12/28 20:50:31 ID:g0mv2/j4
これほどのバッドエンドは他に観たことがない。

106 :この子の名無しのお祝いに:04/12/28 21:42:14 ID:h5CrErkO
避難民が通り過ぎた後の荒れ果てた銀座の街の描写で、喫茶店?の
2階からカメラがパンしてくるときに、さりげなくムンクの「叫び」の絵が
掛かってるところなんか(一瞬だけど)、気づきました?


107 :この子の名無しのお祝いに:04/12/28 23:45:23 ID:Xvd0Al9L
「田村、プレス・クラブへ引き返してください」というジェリー伊藤のセリフ、
俺、今までずーっと「春日部へ引き返してください」だと思い込んでた。

108 :この子の名無しのお祝いに:04/12/29 01:46:38 ID:A6doBqOZ
あー、俺もずっと「春日部」だと思っていた。
字幕を出しながら見ると、聞き違いや思い違いをしていた
セリフがあるのに気づくことが時々あるよ。

109 :この子の名無しのお祝いに:04/12/29 11:51:17 ID:CahZ99c2
世界滅亡ドコロカ家庭滅亡ダッタネ‥‥>ヂェリーイトウ

110 :この子の名無しのお祝いに:04/12/29 14:49:35 ID:52e/E9YU
>>107
>>108
なにいぃっ!そうだったのか!!!

111 :この子の名無しのお祝いに:04/12/29 21:08:06 ID:7r2FslHw
>>107
>>108
>>110
低い鑑賞能力のダメ厨

112 :(´_ゝ`).。・゜:04/12/29 21:16:36 ID:z13nsEpM
まぁ、えーんちゃう?

113 :この子の名無しのお祝いに:04/12/30 15:15:37 ID:UtPYwGMP
おめえらクレヨンしんちゃんのデジャヴか?

114 :この子の名無しのお祝いに:04/12/30 22:25:25 ID:YI36U/uS
オーコメ観てたら、タイトルについても紆余曲折あったって・・
あくまで私的には「東京最後の日」の方がずっとイイのにと思った。

115 :この子の名無しのお祝いに:04/12/30 22:42:56 ID:KHw6Yslv
滅亡するのは東京だけじゃないし。

116 :この子の名無しのお祝いに:04/12/30 23:02:16 ID:5+9x+BiF
じゃフランキー最後の日

117 :(´_ゝ`).。・゜:04/12/31 00:21:51 ID:7v3rB1FT
>>116
クレイジーキャッツがゲストで出そう。

118 :この子の名無しのお祝いに:04/12/31 03:19:13 ID:mJLv9jg+
DVD、退色してないか?
なんか赤っぽくなってると思うんだけど

119 :この子の名無しのお祝いに:04/12/31 11:57:45 ID:Kp04WLkA
いや、私的にはむしろエラくクリアーな印象だけど・・・

120 :この子の名無しのお祝いに:04/12/31 12:56:21 ID:RqGLsixP
うん、驚くほどきれいだと思った。

121 :(´_ゝ`).。・゜:04/12/31 13:37:31 ID:7v3rB1FT
>>118 補正しる。

122 :118:04/12/31 14:46:18 ID:AGPntezm
カラーが薄くなってる部分と、
きれいな部分がごっちゃになってると思うんだけどな
39分辺りのフランキーと同僚が車の周りで会話してるシーンと
それに続くデートシーンの発色ってちがくない?
クリアになってるのは同意だが

あとステレオのシネテープがへたってきてて
音楽がよれてるとこが何ヶ所かあったね

しかしこの映画、子供の頃見た時はよくある泣かせドコロ
ばかりで人間ドラマ部分はつまらないと思ったんだけど、
今見ると繊細な演出してたんだねえ
フランキーが息子の襟を直して、そのあどけない顔が
視線に入ったのがたまらなくなって物干し台に
上がる感情の流れ。
サエコが無線機の前でじっと高野からの無電を待っていた
その心情を思うといじらしくなるしなあ

123 :この子の名無しのお祝いに:04/12/31 15:20:08 ID:/hWBS+8c
> あとステレオのシネテープがへたってきてて
> 音楽がよれてるとこが何ヶ所かあったね
これは気になりました。
6mmテープは残っているんだから、音楽だけポン出しして
ダビングやり直してもよかったのではと思いました。

124 :この子の名無しのお祝いに:04/12/31 23:45:48 ID:BwbFcLqp
もういくつねると おしょうがつ

125 :この子の名無しのお祝いに:05/01/02 00:51:25 ID:bBQWgEL/
あけおめ

今年こそは平穏な年でありますように


126 :この子の名無しのお祝いに:05/01/02 01:03:12 ID:4MrqIEnq
今年は朝鮮でひと波乱ありますよ。

127 :この子の名無しのお祝いに:05/01/02 01:16:35 ID:5S/uJCvQ
炭になった韓国人が見られる日が来るとは!


128 :この子の名無しのお祝いに:05/01/02 01:24:00 ID:4MrqIEnq
炭になったのは、ワトキンスじゃねーの?

129 :この子の名無しのお祝いに:05/01/03 00:09:14 ID:UxDo3Jml
画像が鮮明なdvdで始めて気づきましたが、映画の冒頭でソナーを投下する哨戒機はUコンですね。

130 :この子の名無しのお祝いに:05/01/03 16:07:50 ID:XxeBhwHY
>>129
        /つ_∧
  /つ_,∧ 〈( ゚д゚)
  |( ゚д゚) ヽ ⊂ニ) まじっすか!
  ヽ__と/ ̄ ̄ ̄/ |
   ̄\/___/




131 :この子の名無しのお祝いに:05/01/04 10:32:21 ID:jW2K66ga
でけェUコンなんだろうな

132 :この子の名無しのお祝いに:05/01/04 16:14:51 ID:DzhWWeDs
今の若者どもはUコンなんて知っているのかな?
舵取りワイヤーが1本のLコンってのもあったね。

133 :この子の名無しのお祝いに:05/01/12 02:48:29 ID:x3uy6ykX
公開当時のキネマ旬報にシナリオが載っていたので、DVDを
再生しながら見比べてみた。完成版との大きな差はないが、
セリフの変更やシーンの順番が入れ替わっているなどの細かい
変更点が多くある。

完成版との具体的な違いをあげてみると、保育所で子供たちが
笠智衆に歌ってやる歌が「蛍の光」である。ラスト近くに
流れる歌も「蛍の光」で、東京に戻る船の甲板で笠智衆が
歌い出し、子供たちの合唱がかぶさっていくことになっている。
また、ラストで「この物語はすべて架空のものであるが・・・」
という字幕が出るが、シナリオでは字幕を読むナレーションも
入ることになっている。

134 :47年生まれ:05/01/13 00:22:16 ID:WPYmIHeC
レンタルでビデオ借りて見た。
すばらしい映画ではないか !
ベーリング海の真上を戦闘機群が飛ぶシーンは
ミニチュアに見えなかった。
あと、海上での戦闘シーンや滑走路に輸送機だかが着陸して
そのそばをミサイルを引っ張ったトラックが通り過ぎるところなどなど。
実写ロケはお金がかかるので、ほぼすべてミニチュアで乗り切ったんだな。
残念なのはロンドンやモスクワなどの都市。
フランキー堺の芝居も良し。必見映画だ。

135 :この子の名無しのお祝いに:05/01/13 01:17:02 ID:WxgtQ0HZ
初期脚本段階では「螢の光」だったっつーのは聞いたことあるな。


136 :この子の名無しのお祝いに:05/01/13 13:28:24 ID:UPftst4D
モスクワのセットだけ、極端に雑だと思うんだけど。


137 :この子の名無しのお祝いに:05/01/13 13:30:51 ID:GVg1Wwuo
でもよく見ると自動車が走ってたりする。

138 :この子の名無しのお祝いに:05/01/13 18:25:49 ID:vXIfTylt
>136
当時の「ソ連」は現在の「北」並みかそれ以上に閉鎖的な国だった。
「2010年」製作の時点でもクレムリンのまともな外観資料さえなくて困ったそうだから、
あの頃の日本じゃまともな資料は殆ど入手できなかったと思うよ。

139 :(´_ゝ`).。・゜:05/01/13 18:34:09 ID:QcODvYBo
(;´_ >`).。・゜デッカクナッチャッタ‥

140 :この子の名無しのお祝いに:05/01/13 21:10:05 ID:jv95Os4o
あのクレムリン、ウェハースなんだってなあ。

141 :これリアルタイムで見たおじさん:05/01/13 22:30:15 ID:2fc0+OBa
この映画はフランキーの私は貝になりたいの現代版です。テレビで評判が良かったもんだからこのドラマの現代版ということで作られた物です。

142 :この子の名無しのお祝いに:05/01/13 23:24:30 ID:Co+xsSqZ
メタルギアソリッド3で本作が紹介されてる。

143 :この子の名無しのお祝いに:05/01/13 23:44:28 ID:WxgtQ0HZ
デマカセこくんじゃねえ!鎔鉱炉に叩き込むぞ!

 ↓

>>141


144 :この子の名無しのお祝いに:05/01/13 23:45:32 ID:53Z9V4so
蕎麦粉とウエハースでミニチュアを造っちゃったから、
ネズミがタカってきてスタジオの管理が大変だったそうな。

145 :この子の名無しのお祝いに:05/01/14 01:31:17 ID:Dqn8Nq5g
>>138
なるほど。確かにモスクワだけは、特撮カットの前に「実景フィルム」が
挿入されていませんでしたし。


146 :この子の名無しのお祝いに:05/01/14 17:23:56 ID:RhjFnONl
あのモスクワのセットをみると「パルナス」のCMが頭に浮かぶのは俺だけ?

147 :この子の名無しのお祝いに:05/01/14 17:50:53 ID:22Pxo7HM
>146
あのケーキ屋のCM思い出すとは古いお方ですなw(俺もそうだけど)

148 :この子の名無しのお祝いに:05/01/14 20:06:57 ID:sZVsVtuT
>>136
>>138
十年以上前、須賀野チイさんという当時世界最高齢の彫刻家の個展の準備を
ちょこっと手伝ったことがあるけど、そのとき須賀野さんの甥に当たる人が来ていて、
なんでも美術学校の生徒の時、アルバイトで東宝の特殊美術の仕事を
していて、「世界大戦争」にもかかわっていたとのことでした。
その人が言うには、円谷英二にクレムリンの写っている絵葉書を渡されて、
ミニチュアの図面を引くように言われたそうです。
ディバイダーを使って写っている窓の寸法を測って全体の大きさを割り出したそうです。

その人は、雪崩がおこる軍事基地のシーンで、
ダンプカーのミニチュアを走らせる操演もやったそうです。
「特殊美術のスタッフなのに、特殊効果をやらされた」と言ってました。

38度線のミサイルタンクは、キャタピラのパーツをひとつひとつ鋳造で作った
非常によくできたものだったそうで、このミニチュアがスタジオ入りした時には、
スタッフ一同声をあげて驚いたそうです。

149 :この子の名無しのお祝いに:05/01/14 20:11:46 ID:sZVsVtuT
ところで、モスクワ、ロンドン、ニューヨーク、パリの爆発シーンって
ミニチュアそのものに火薬を仕掛けて爆破しているのか、
それとも火薬をミニチュアの外側で爆発させて、
爆風で吹き飛ばしてるのか、どっちなんでしょうかね?
タワーブリッジや凱旋門はミニチュアの中から爆発してるように見えますが…。

150 :この子の名無しのお祝いに:05/01/14 22:46:34 ID:ySC+Oyy5
>>149
あれ実は地面を天井にして逆さにして撮影されたのだけ知ってる。
どっちかは知らない。

151 :この子の名無しのお祝いに:05/01/15 01:18:20 ID:4e2xkb24
したから高圧空気ボンベから一気に噴出。(あっさくくうきと言わないでね)

152 :この子の名無しのお祝いに:05/01/15 11:19:29 ID:Nb0ydhRd
>>151
そりゃ、「宇宙大戦争」だろ

153 :この子の名無しのお祝いに:05/01/17 17:30:25 ID:hJsib+By
>>149
凱旋門は破片の飛び散り方からみて
外の爆発で吹き飛ばしているんじゃないでしょうか。

154 :この子の名無しのお祝いに:05/01/18 02:30:10 ID:b7eif2OF
>>149
「あの時はお菓子のウエハースを使ったんです。瞬間に壊すのに。空にどーっと
吸い上げられるような場面ですからね。逆さまにしてミニチュア組んだんですよ。
材料は軽くて工作が容易でなくてはならず、風圧で一瞬に飛び散る脆い性質のもの
ということで、石膏部の人達とみんなでテストを重ねた結果、地色になる色は
原料の中から二種類ほど作りました。壊れても割れ目が不自然にならないように
しなくてはなりませんからね。それから調子づけの色を塗りました」(井上泰幸)
テストの模様を有川貞昌はこう語る。
「一瞬、火の塊が材料を包んだと思ったら、後に残ったのは黒こげの材料が
溶けてべったり床板にくっついていた。肉眼ではそれだけしか見えなかったものが
十倍の高速度撮影フィルムを見ると、まさに核の炎に包まれたものが
地上に押しつけられるように飛散し、残ったものは黒く焼け、
溶け合って巨大な塊になっていた」
早速ウエハースのミニチュアの製作が始まった。パリ、ロンドン、ニューヨーク、東京、モスクワ。
材料が材料だけに湿気が大敵だ。撮影まであまり日は置けない。赤外線ランプを照らしながらの模型作りだった。
ネズミに食われる心配からガードマンを雇ったりもした。それでも、食い荒らされて
泣く泣く作り直したものもあったという。
ミニチュアは5メートル四方の台の上に作られ、300キロのライトと10個の閃光電球を
一瞬にたき、爆発の光を作り出す。音は口径10センチの大砲状のものに花火を7個つめて
一斉に発射。爆風は10本の酸素ボンベを一気に噴射させる。一発勝負のシーンだけに
カメラは3台。望遠を使い高速度で撮る。こうして、世界の大都市は大半消滅してしまったのだ。
なお、ラスト・シーンのキノコ雲はホリゾントに描かれた絵である。
(東宝特撮全史より)

155 :この子の名無しのお祝いに:05/01/18 06:56:01 ID:DghtzF+c
火薬じゃなく酸素ボンベか。

156 :この子の名無しのお祝いに:05/01/18 12:52:20 ID:vQpGG99Q
>>154
でも、テムズ川のあるロンドンやニューヨークなんかは、
逆さするわけにはいかなかっただろうね。

157 :この子の名無しのお祝いに:05/01/18 19:29:47 ID:rESojHCk
食い物を粗末にするな

158 :この子の名無しのお祝いに:05/01/18 21:02:07 ID:VTXJ5OCF
工作が難しいのは判るんですが、あの「自由の女神」だけは何とか(ry

159 :この子の名無しのお祝いに:05/01/18 22:35:21 ID:btU06QDR
最後の各国の都市が核爆弾で吹っ飛ぶシーンは、
後に丹波哲郎主演の怪作「ノストラダムスの大予言」
に流用されてますね。既出だったらスマソではある。

160 :この子の名無しのお祝いに:05/01/19 01:25:42 ID:j39afaE6
いや、自由の女神はさほど気にならん。
それよりもモスクワだけは何とかしてほしい。

161 :151:05/01/19 07:12:49 ID:wR08DtHj
空気ボンベじゃなく酸素ボンベだったね。
調査したら、あの時代は町の鉄工所が使うアセチレン溶接で、酸素ボンベが大量に安く
流通してたそうだ。逆に、普通の空気ボンベは用途が無いよね、町工場が自前のコンプ
レッサーで作れちゃうから。

しかし気になるのは、酸素で燃焼させたのかどうかだ。ただ噴流として使ったのか。妖星
ゴラスのスレで屋内での大規模火気はできなかったとあるので、こっちも燃やした
のではないのかもな。理科実験で見て知ってると思うが酸素中で燃やすと光が激しく出る。
しかし爆発の画面にはそれらしいのが無いから、燃焼はさせなかった、と見る。
154によればフラッシュ光用の照明を用意してるし。
しかし、154の前半にある
>>「一瞬、火の塊が材料を包んだと思ったら、後に残ったのは黒こげの材料が溶けてべったり床板にくっついていた。
というのは酸素で燃やした/燃えた容疑が濃厚。
だとすればすごい危ないね。



162 :この子の名無しのお祝いに:05/01/20 11:45:41 ID:yWSCkhCB
自由の女神と上原謙は、和尚も痛恨だったようだ。

163 :この子の名無しのお祝いに:05/01/20 20:19:27 ID:zYBiLebU
>161
体験談だが。広口ビンの酸素中で一気に燃やす過程を高速撮影すると
何でも火を吹いて火縄のように減って行くのがまる見え。
特撮的にはとても使えない絵です。
そして光量のムラがありすぎ。


164 :この子の名無しのお祝いに:05/01/21 18:19:23 ID:ptR5oB22
>>158
井伏鱒二の「黒い雨」に広島城の近くで被爆した人の体験談が書いてあったけど、
その人は爆発の際、広島城がそのままの形で台座から飛んでいくのが見えたそうだ。
事実、城の残骸は、お堀に落下して、中でひとまとまりになっていたとのこと。
あの自由の女神がすっ飛んでいくショットを見るたんびにそれを思い出すよ。

165 :この子の名無しのお祝いに:05/01/24 21:30:20 ID:3m+vi63Y
141の話ですが、企画段階でそんな話があったかどうか知らないけれど、当時の平凡か明星の映画評論ではそんな捉え方をしていました。つまり、庶民から見た近代核戦争の悲惨さを描いた作品ということで。



166 :この子の名無しのお祝いに:05/01/24 23:13:52 ID:Md1eF1cq
でもこれって世界の主要都市が核で壊滅しただけで、
人類滅亡するかどうかわからないんじゃないか?


167 :この子の名無しのお祝いに:05/01/24 23:32:01 ID:LesaSZfX
放射性降下物と核の冬でみんな死ぬんだよ。

168 :この子の名無しのお祝いに:05/01/25 10:12:47 ID:gaZQBmFU
>>25
俺もー。

169 :この子の名無しのお祝いに:05/01/28 20:34:27 ID:yIzdGFaG
懐かし特撮板出来ました
http://bubble3.2ch.net/rsfx/

170 :この子の名無しのお祝いに:05/02/24 22:56:16 ID:LzihCJ/L
?

171 :この子の名無しのお祝いに:05/03/02 18:45:10 ID:2kq3uMbQ
ゆとり教育の人ですね>>166


172 :この子の名無しのお祝いに:05/03/04 22:21:11 ID:NU9xYf0k
今日ケーブルで初めて見ました。
物干し竿のシーンで泣きました。

173 :この子の名無しのお祝いに:05/03/06 01:20:44 ID:dBPmNunb
ごほごほ。
そうさなあ、あれは何年前のことじゃったろうか。
わしはまだ小学生でな、その夏休みのことじゃったよ。
「世界大戦争」と洋画の「地球の危機」のどちらを見るかで迷ったのは。
結局、シービュー号の後者を観たんじゃ。
それで良かったと今では思っとるよ。

174 :この子の名無しのお祝いに:05/03/06 10:11:09 ID:lJ5WnjkD
小学生じゃ「世界大戦争」の本当のよさはわからんだろうなあ。
物干し竿のシーンで泣けるのは大人だからだ。

175 :この子の名無しのお祝いに:05/03/06 10:14:12 ID:lJ5WnjkD
ごめん、物干し竿じゃなくて物干し場だ。
172のせいで間違えちゃったw

176 :この子の名無しのお祝いに:05/03/06 10:15:40 ID:lJ5WnjkD
もう一回訂正。
物干し台にする。

177 :172:05/03/07 00:44:19 ID:ulg5xa9d
>>176
つい、うっかり……
フランキー先生ごめんなさい

(当方三十路)

178 :この子の名無しのお祝いに:05/03/07 01:38:08 ID:ajlCPrFe
他にネタはないのか?話題に乏しい作品だ。

179 :この子の名無しのお祝いに:05/03/07 19:30:07 ID:+hN+k7hA
             ∧_∧  今日はごちそうだよ・・・
            ミ´−`゚ 彡
            ノ`)_  _,〈_
           /⌒/lllV/llll|, \
           (  ,ノ  ̄ ̄ /   〉
         ∧ ∧ ワーイ    ∧ ∧ メロンー
         (,,・∀・)     (,,・∀・)       
       〜(___ノ    〜(___ノ       



180 :この子の名無しのお祝いに:05/03/07 19:53:23 ID:55wWUnTD
「お正月みたいだね。」

あのころはお正月しかご馳走なんて食べられなかったな。

181 :この子の名無しのお祝いに:05/03/08 23:37:56 ID:L6Mr3cZk
群集が駅に殺到するシーン、人数も迫力もスゴイ。

182 :この子の名無しのお祝いに:05/03/09 00:49:59 ID:kUyIuRQ6
俺、本当に品川駅でロケしたと、今の今まで信じていた。


・・・両国駅だったのね。

183 :この子の名無しのお祝いに:05/03/09 01:21:14 ID:Vn1xySGa
CSで放映中
DVDに撮りました

184 :この子の名無しのお祝いに:05/03/09 02:21:23 ID:zfmFfLBd
http://yoko115.com/src/yoiko1592.mpg

185 :この子の名無しのお祝いに:05/03/09 21:27:45 ID:kASGBgCW
群衆が避難するシーンと
ラストの国会議事堂残骸のシーンは
レインボーマンでも流用されていて観る事が出来る。

186 :この子の名無しのお祝いに:05/03/09 22:19:32 ID:P5HUyEYG
「地球防衛軍」でも両国駅前で避難シーンをロケしているね。
あすこは駅前広場が広いし閑散としているから
許可が下りやすかったんだろうな。

187 :この子の名無しのお祝いに:05/03/10 12:05:48 ID:SOmTZVN/
今日の午前中のCS放映の録画失敗した・・・orz

(´-`).。oO 次何時放送有るか判らないしDVD買おうかな




188 :この子の名無しのお祝いに:05/03/10 12:19:50 ID:KkUCKIkA
残念、今日が最後の放送だったね

189 :この子の名無しのお祝いに:05/03/10 22:19:58 ID:czlxg/XC
笠智衆が出てきて小津映画調になった、そのシーンだけ。

190 :この子の名無しのお祝いに:05/03/11 02:48:38 ID:EJvK/8yt
蒙古襲来で世界で初めて火薬の洗礼を受けただと?
ウソコケ!全体的に感傷的で陳腐。これで泣かなきゃ人間じゃない?
馬鹿かおまえ!てめえのことだぞ麗辞!嗚呼くだらねえ!

191 :この子の名無しのお祝いに:05/03/11 07:58:19 ID:fP6P0OiA
何で笠智衆が? と思ったが締めてくれた

192 :この子の名無しのお祝いに:05/03/11 13:37:31 ID:RYtCWtkY
なんか叫いてるのは朝鮮人さん?

193 :この子の名無しのお祝いに:05/03/11 20:42:08 ID:tXdXa4KI
この映画、自分的には「第一作目ゴジラ」「獣人雪男」(CDドラマにて拝聴)
と並ぶ傑作だと思う。ラストシーンは「ゴジラ」のゴジラが暴れた後の惨状を
髣髴とさせるところがあった。

194 :この子の名無しのお祝いに:05/03/11 21:06:29 ID:EJvK/8yt
>>193
ねえよ!バ〜カ。

195 :この子の名無しのお祝いに:05/03/11 23:10:30 ID:4CoKhd15
>>194
カ〜バ。

196 :この子の名無しのお祝いに:05/03/11 23:14:11 ID:4CoKhd15
>>190
蒙古襲来が気に食わなきゃ高麗襲来にしてやろうか。

197 :この子の名無しのお祝いに:05/03/12 17:04:51 ID:NCF1upSI
ふらんきー堺さん、パツンパツンに肥えてるね。
スタミナの固まりで星由里子のずーっと年下の兄妹を作ちゃうし。
晩年は痩せてしまったね写楽の時なんか大丈夫かと心配になったが
やはり亡くなった、師匠の川島雄三の墓参り欠かした事がなかった
という義理がたい人。

198 :この子の名無しのお祝いに:05/03/13 00:10:56 ID:IGtLz/Cb
フランキー堺はこの映画の要だね。
登場人物がみな善人ばっかってゆうけど、この人だけはリアルな人物像だった
と思うよ。平和がどうのより株の動向を気にするところなんかは。
若いカップル達がウソ臭いのは分かるけど。うーん連邦国同盟国の外人役者
演技下手すぎ。正面からはっきり演技みせるからよけいに感じる。それに全体的に
いささか尺がたりないかな。もう少し戦争突入のくだりをわかりやすく見せ
てほしかった。東西首脳が対立するシーンなんか欲しかったかな?
やっぱりこの映画はタイトルがよくない気がする。SFに興味ない人は
「ああまた特撮映画?」みたいなくくりでみてしまうよ。監督もコメンタリ-
で「宇宙大戦争」と同列映画扱いされて困惑したらしい。

199 :この子の名無しのお祝いに:05/03/13 07:52:20 ID:1i6dbYxf
そうそう、単なる特撮ではくくれない映画ですよ。
今でいうアルマゲドンとか近未来SF映画っていうか。
駄作って言う人多いが当時はあれが精一杯でしょう東宝にしても。
はまる人にははまる映画だと思う。

200 :この子の名無しのお祝いに:05/03/13 18:01:11 ID:n3nlM92Z
>>187
結構頻繁に放送する作品だから、
またの機会まで待ってもよろしいと思うでござる。

201 :この子の名無しのお祝いに:05/03/15 16:04:10 ID:ivGqIqAL
円谷監督が日本誕生とこれを生涯の誇っていい二本って言ってた
という話は本当ですか?

202 :この子の名無しのお祝いに:2005/04/04(月) 20:46:21 ID:MCzqFZYv
去年の春、見ることが出来ました。
全面核戦争で人類が滅亡するのがテーマ。主人公を極平凡な男とその家族にする事で、核戦争でささやかな幸せが根こそぎ破壊される恐怖と悲しみを描いているのが特徴ですね。

ぼくがジンと来たのは、ある母子家庭の母親が幼稚園に娘を迎えに横浜から走っていく場面、途中人気の無くなった通りで倒れて絶命してしまう。幼稚園では娘が先生に「母ちゃん、まだ来ないの?」と問いかけていた。
この場面は見ていて悲しくなりました。しかし、なぜあの母は唐突に死んでしまったのでしょうか。

最後の船上での場面、これは想像と違っていました。最初見る前は、放射能があるから皆船内で話し合いをしていると思っていました。
笠智衆さん演じる炊事長の「人間は素晴らしいものだがな。一人もいなくなるのですか。地球上に」 この台詞も良かったですね。

203 :この子の名無しのお祝いに:2005/04/04(月) 21:44:13 ID:QrQAu250
>>202
品川から幼稚園(北区?)までは結構距離もあるし、そこを走り続けたので
力尽きたんじゃないか?

204 :この子の名無しのお祝いに:2005/04/04(月) 22:03:39 ID:pPWJaPwQ
>>202

力尽きたんでしょう。で、今DVDでそのシーン見直したら
オーコメではあの死についてはスルーに近い状態。
中村氏が「力尽きて」と言うくらいで。
一応、あの廃虚のシーンは監督が要望して撮ったらしいのですが。
でもまああれは見た通り、力尽きたととるしかないんでしょうね。


205 :この子の名無しのお祝いに:2005/04/04(月) 22:21:34 ID:7ZWpDJ/h
バイト先で金が無くなって、南六郷から吉祥寺まで歩いて帰ったことを思い出した…
死ななかったけどネ

206 :この子の名無しのお祝いに:2005/04/04(月) 22:44:59 ID:VPT3qo9+
>>198>>199

恥ずかしながら、「宇宙大戦争」的ないわゆる特撮物と思っていますた。
このスレを見てそうでないとわかりました。
借りに行きます。

>>205
すごいな。20キロくらいあるのでは。それに、道がよくわかったね。


207 :この子の名無しのお祝いに:2005/04/05(火) 01:59:26 ID:4Opwy6OJ
あのお母さんは心臓を病んでるんだって幼稚園の最初の方で会話があったはず。

208 :この子の名無しのお祝いに:2005/04/05(火) 13:24:01 ID:6iWu18T4
いい映画だよ。
特撮が売りといえば売りだが、
やはり人間模様がいい。
芸術祭出品作品だけのことはある。
当時生まれてなかった俺だが、
見てよかったと思う。

209 :この子の名無しのお祝いに:2005/04/05(火) 19:35:06 ID:3SZhMxad
そういや、この映画のフランキー家の子供は
サザエさんちと同じような感じで姉弟の年が離れてるけど、
あれは当時の平均的な家族計画だったのかな?
一姫二太郎、姉が中学生くらいになって手がかからなくなってから
跡継ぎの長男をつくる、みたいな。

星飛雄馬の家もおんなじだった・・。

210 :202:2005/04/05(火) 23:25:05 ID:61ZjcvEz
>>203 >>204 >>207

そうか、力尽きたのですね。そのすぐ後の保育所の場面で娘が「母ちゃん、まだ来ないの?」と問い、早苗が「もうすぐ来るよ」と答えていた。
この場面は、凄く悲しくなりましたね。

田村の台詞にも会ったが、「もう外は大混乱だ、離れ離れになった家族がどれ程いるか、俺達は幸せじゃねえか、家族みんなこうして揃っていられるのだから」の台詞がグッと来ました。
ぼくももし地球最後の日が来た日は、家族全員と一緒にいたいと思いましたね。

東西冷戦が終結してもう10年以上にもなりますが、まだ核兵器を保有している国は幾つもある。まだこの映画が現実化する可能性はあるのでしょうな。

211 :この子の名無しのお祝いに:2005/04/06(水) 04:08:40 ID:FWVrxDRv
>202
世界の軍事情勢から考えるに全面核戦争の可能性はほぼゼロだ。ゼロ。
人類が滅ぶほどの戦争の危険を侵すという考えは、すでに現実的ではないんだよ。
北がミサイル撃ってくるってアフォが騒いでるが、北が撃ったらそこで北は消滅する。
大反撃をうけてね。そんな負担を背負ってまで攻撃を仕掛けてくるほどアフォじゃないよ。
連中も自分の置かれてる状況は承知だ。
冷戦終結の真意は、全面核戦争の脅威がほぼ無くなったということなわけ。
それとこういう類を見た香具師の感想ってのが、「核兵器はいけない。核は危険だ。残虐だ。
その恐怖を1番知ってるのは、唯一の被爆国日本だ。」なのね。
あのな。いいか、どんな兵器だろうと殺戮目的なのは明確。焼夷弾だってナパームだってGSXだってFAEだって皆目的は同じ。影響される前にもちょっと軍事や兵器について勉強しようね。
「軍事マニアじゃないから。」っていって逃げるの無しね。自分の無知を露呈するだけだよ。
ワ〇ルドピースナウとか特にそうだから、特に注意してね。
この映画みて感傷的になるのは仕方ないが、もう少し世界情勢にも眼を向けたら?

212 :この子の名無しのお祝いに:2005/04/06(水) 09:19:32 ID:CRqTy/f9
つまり、世界は平和になったんですね!
ばんざーい!ばんざーい!(と言いつつゴラスに突っ込んでいく)

213 :この子の名無しのお祝いに:2005/04/06(水) 10:07:27 ID:4GAUnyLv
>>211
そうならそうに越した事は無いが、なんだこの傲慢な投稿は。

「お前は何も知らない」「俺はこれだけ知っている」と、大々的に訴えたいだけではないか。

このスレッドは「世界大戦争」の映画を語る場だろう。少し言葉を慎め。

214 :この子の名無しのお祝いに:2005/04/06(水) 13:13:16 ID:UvJ+2y7I
軍ヲタがまぎれ込んだだけなので相手にしないでください。

215 :この子の名無しのお祝いに:2005/04/07(木) 17:49:44 ID:awdj+jCa
>196
火薬が世界で始めて作られたのは中国で、モンゴルが中国の金に侵攻した時
金軍が使っている。
だから「元寇で日本が世界で初めて火薬の洗礼を受けた。」は明らかに間違い。

216 :この子の名無しのお祝いに:2005/04/07(木) 19:43:30 ID:wzLofIPl
軍ヲタがまぎれ込んで餌まいてるだけなので相手にしないでください。

217 :この子の名無しのお祝いに:2005/04/08(金) 01:39:41 ID:D/Fielwb
>213
だから>211も>215もこの映画について書いてるんだろ。この映画の勘違い振りを。
元寇の話のくだりは、明らかに「だから日本は特別に核に対し意見が出来る」と根拠を正当化しようとする浅はかな考え。
核兵器反対=平和ですか。相手にされないよそんなもの。
軍ヲタって言ってるキミ。反論する思考力も知識も欠いてるからってヲタで片付けるなよ。
無邪気に感動してる人には現実が直視できないようですね。

218 :この子の名無しのお祝いに:2005/04/08(金) 03:54:22 ID:fzUoqpCA
オレは軍オタだけど、核兵器は運用が難し杉なんで、
無くせるもんなら無い方がいいと思うな。
使う側の兵士まで危ないって噂もある、劣化ウラン弾なんかもね。

てか、兵器なんてほんとはぜんぶ無い方がいいに決まってる。
いわゆる必要悪ってやつで、悪は悪なんだってことは、
まともな軍オタならみんなわきまえてるはずだがな。

この映画、昔は平気だったんだけど、今は子供を持っちまったせいで、
身につまされるというか恐い。ほんと恐い映画だよ。

現実にこんなことはないってのはちょいと認識不足で、
誤射なり某独裁者がトチ狂ったりでミサイルが自分の住む地域に一発
飛んできたり、原発事故が起きるなりすれば、たとえ世界は滅ばなくとも、
フランキー一家と同じ目には遭えるんだぜw

ただ、反核映画の作劇としてはあれでいいのだろうが、
フランキーのようにあっさりあきらめちゃって、一緒に死のう!
てのは、現実の対応としては問題あるかもな。
親ならギリギリまで子供を助ける算段をしろよ、とも思う。

219 :この子の名無しのお祝いに:2005/04/08(金) 08:37:18 ID:QeH2ElBX
どうすることもできず静かに滅んでいく
というのは日本人の琴線にふれるものがあるのかな。

220 :この子の名無しのお祝いに:2005/04/08(金) 09:23:57 ID:RnVqAOJO
永世中立国スイスでは、「民間防衛」という本を配布して、
核戦争下のサバイバルも国民に教えている。
この映画の姿勢とは好対照だよね。

221 :この子の名無しのお祝いに:2005/04/09(土) 02:40:23 ID:SwfNQrBx
ラストシーンのお正月の歌は、やはり新年らしく三波春夫の
キンキラ声でこぶしこねまくりで聞きたかったなぁ。


222 :この子の名無しのお祝いに:2005/04/10(日) 17:25:19 ID:0HokIavZ
アワモリ君も、熱線に焼かれて死んだのかね。

223 :この子の名無しのお祝いに:2005/04/11(月) 01:06:25 ID:WCkaZXe6
アワモリ君、モスラを操る

224 :この子の名無しのお祝いに:2005/04/11(月) 21:46:03 ID:HHYa2xqn
>>211

軍事についての薀蓄語る前に、人への意見の仕方を勉強してみたら?






225 :この子の名無しのお祝いに:2005/04/11(月) 22:59:41 ID:BjtR1rBW
>>224
君も人のこと言えないね。

226 :この子の名無しのお祝いに:2005/04/12(火) 00:16:20 ID:vQ9YQed7
せっかくスレが平和な流れになっていたのに…

227 :この子の名無しのお祝いに:2005/04/14(木) 01:21:05 ID:UTxcil0e
変な奴らのせいで台無しだね。

228 :この子の名無しのお祝いに:2005/04/16(土) 19:57:29 ID:kKA6bjd4
「元寇で日本が世界で初めて火薬の洗礼を受けた。」

人類が初めて火薬を使ったのはいつだったのだろう。
ぼくは良く知りませんがこの映画が公開された当時は、まだ分かっていなかったのですかね。

229 :この子の名無しのお祝いに:2005/04/17(日) 02:49:17 ID:+C0Xh5+5
「人類が初めて火薬を使ったのはいつだったのだろう。」

そのこととこの映画とどんな関係があるのだろう。
ぼくは良く知りませんがこのスレが出来た当時は、まだ分かってなかったのですかね。

230 :この子の名無しのお祝いに:2005/04/17(日) 05:04:30 ID:vv4oxovT
>>80 >>209
jmdbによると、田村家の設定はこうなっている。

ttp://www.jmdb.ne.jp/1961/ck004550.htm
田村茂吉(フランキー堺) 田村の妻お由(乙羽信子) 田村の妹冴子(星由里子)
田村春江(富永悠子)   田村一郎(阿部浩司)

これは恐らく当時のキネ旬かプレスから起こしたのだろうが、この表に従えば、冴子(星)は田村の妹で、
幼い春江・一郎にとっては父方の叔母にあたるわけだ。

だいぶ昔に観たきりだが、肝心の本編ではどうなっていたっけ? 「長女」として
演出されていたかな? いろんな資料には「長女」と書いてあるようだね。
まあ、田村夫妻が40代で、冴子が20歳ぐらいだとすれば、年齢が離れていても矛盾はないわけだが。

231 :この子の名無しのお祝いに:2005/04/19(火) 10:48:40 ID:Wilp7uEL
>230
宝田明が結婚を申し込むときに「お父さん」と言ってなかったっけ?
フランキーと乙羽が星野の「初夜」の心配をするくだりなんか
親子でないと成り立たないと思うけど。


232 :この子の名無しのお祝いに:2005/04/19(火) 12:46:34 ID:HduUIYQs
ともかく、あの翌年にキューバ危機はおきてるわけで、当時はリアルな恐怖だったわけだねえ。

233 :この子の名無しのお祝いに:2005/04/19(火) 22:11:56 ID:BaakO79+
まったくだ。全面核戦争が今とは比べものにならないくらいリアルな時代。
「世界大戦争」も「渚にて」も正真正銘、明日起こるかもしれない現実だったんだろうなぁ。
この映画を見た翌年キューバ危機の状況をリアルタイムで経験したら、
その恐怖は計り知れなかったろう。
そんな時代の映画に根拠とか正当化なんて言っても始まらないよなぁ。
たとえ、引用したソースが間違っていても「核戦争だけは勘弁してくれ」というのは
感情的にも倫理的にも身につまされるような肌で感じる正論だもんな。
浅はかもクソも「怖いモノは怖い。だからやめてくれ」ってシンプルな話だよ。

現代の感覚でどうこう言うのは想像力がとてつもなく欠如してるか、
単に他人にケチをつけたいだけの自意識過剰君かのどちらか。

234 :この子の名無しのお祝いに:2005/04/19(火) 22:36:18 ID:xr3IzW64
「ストレンジラブ博士の異常な愛情」の爆撃機のシーケンスが最も恐ろしかったと言われてる。

235 :この子の名無しのお祝いに:2005/04/19(火) 23:32:36 ID:BaakO79+
「ストレンジラブ博士の異常な愛情」
ボケか? マジか? うーん、馬から落馬っぽいw

236 :この子の名無しのお祝いに:2005/04/20(水) 00:31:44 ID:JNztH+DC
>>220
スイス400年の平和が生み出したのは鳩時計だけでなく、誰とでも取引をする巨大の銀行組織。
戦時中のスイスは永世中立の名の下に連合国側とも枢軸国側とも商売にいそしみ、
隣国が焼け野原になるのを横目に、せっせと蓄財していた連中だ。
そんな国と、朝鮮戦争ではもうけさせてもらったとはいえ戦後16年、
なんとか復興だけを目指して余裕も無く、脇目もふらずにやってきた国とを比べるのは
あまり意味が無いように思えるが。


237 :この子の名無しのお祝いに:2005/04/20(水) 04:25:36 ID:3hKqgTjS
>>235
まあ別にわかりゃいいさ

238 :この子の名無しのお祝いに:2005/04/20(水) 12:46:54 ID:TlfooU5F
庶民にとっては国際情勢も軍事バランスも関係ないからね。
ただただ自分たちの幸せを守りたいってことだけ。
そういう視点で描いている映画なんで、
大上段からの物言いはそぐわないと思う。

239 :アニ‐:2005/04/20(水) 15:37:47 ID:fLTXBEwC
子供のときに歯医者の待合室でTVから流れてた
最期のシーンで全員が固まってた
終わっても誰も一言も言わなかった

240 :この子の名無しのお祝いに:2005/04/20(水) 16:23:30 ID:cJ9zY77t
>>236
んなこたあないだろ。
核戦争反対と、核戦争が起きても生き延びようとする努力は両立しないとでも?
くだらない核戦争なんかで死んでやるものか、とオレは思うね。

241 :この子の名無しのお祝いに:2005/04/20(水) 17:52:41 ID:rdLbxQM2
>>240
あの当時の日本では核シェルターを作るほどの余裕は無かったと言うことだろ?
いつ起きるかわからない事への備えよりは、今日の食い物の心配していた時代だからね。

242 :この子の名無しのお祝いに:2005/04/21(木) 00:19:19 ID:QF/TMpvS
>>241

そのあたりは「ごちそう」に全てが表されていますね。
仮に今、リメイクしたらあの「ごちそう」はどんなメニューになるのか?

243 :この子の名無しのお祝いに:2005/04/21(木) 01:12:57 ID:DY43ttzw
>>242
あの時代と違い豊かになったからねぇ。意外にお母さんのカレーとかになるかも。

244 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/20(金) 12:33:58 ID:CVsg4Rcu
現代のパニック系映画なんか足元にも及ばない凄い緊張感だったね、この映画。

245 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/29(日) 09:33:08 ID:PpYHTgwK
重すぎてもう見ていて辛かったなあ・・・もう見れない・・・
ところで昨日の伸介のやつ、あのシーンはさかさま使ってたんですね。ウエハースだと思ってたのに間違えさせらてしまった

246 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/29(日) 23:12:49 ID:cORglidh
俺も「円谷」「世界大戦争」と出た瞬間に「ウェハース!」と叫んでしまった
PQも糞も有りませんな、こりゃ。

ウエハースは国会だったかな。

247 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/30(月) 03:38:46 ID:hP95IqaT
あの問題自体がいい加減だし(特撮は一つのシーンにいろんな撮り方が入るものだし
あの番組自体、結局答え当てクイズだし(独創性を求めるものなのに

248 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/12(日) 22:11:43 ID:9CwGLL9K
ミサイル攻撃で東京が破壊されていくシーンに
パリ凱旋門崩壊のカットが混ざっている。

249 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/13(月) 22:33:08 ID:a/IQaAzs
「下から高圧空気でボン!」と79年の夏に日劇で東宝特集やったとき
あの当時特撮の下請けやってた人たちから聞きました。中野になってから仕事来なく
なって‥という話が印象的だった。日劇の2階にちゃちな喫茶店あったの知ってる人は挙手


250 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/13(月) 22:52:50 ID:7G8DoNxh
>>249
行きましたよー79年日劇。
「ゴジラ」上映で、自分らが映画見ている日劇をゴジラが尻尾で
ちょこっと壊すと場内から微笑ましい拍手が沸きましたね。

251 :マイケル:2005/06/14(火) 02:10:19 ID:eM6Sw8SI
中北千枝子ってうまいね。
大混乱のさなか、電話ボックスから娘に電話をかける時の演技には鳥肌が立った。

252 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/15(水) 03:40:48 ID:hRKTrlAV
>249
あの夏の大会は、映画製作当時の製作関係者の「よぉ久しぶり」が随所で見られたそうです。
僕は最終回の日替わりは全部行きました。

253 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/15(水) 22:02:05 ID:Eu+7M8KH
<検証> 日本特撮はいかにして没落していったか
http://bubble3.2ch.net/test/read.cgi/rsfx/1118301865/83


254 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/16(木) 01:32:25 ID:iS7/wq85
>>250
79年の8月4日と記憶しておる。初日の最終回だ。

俺も居たよー。一階の後ろの方。
懐かしいね。

255 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/16(木) 01:38:03 ID:JEXd0biz
>>245〜249

「ウエハースでミニチュアを作った」というのも間違いではないし、関連本の
中には「セット逆さ吊り」を東京の炎上シーンで使われた方法・・・と誤解
されるような書き方をしている物もある。
 ニューヨークとロンドンは海と河があるから、逆さ吊りに出来なかった訳
だし。

 ウエハースで建物を作ったセットを逆さ吊りにして、火薬の爆風で吹き飛ばす。

・・・・と答えた回答者がいたら、一般人は退くだろうか。

256 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/17(金) 13:15:05 ID:efKfwONb
逆さ撮影されたカットは、閃光直後に火炎が天から「落ちて」きて地を這うシーンのみ。
その後の炎熱熔解地獄は、御存知のように鎔鉱炉のスラグ排出を利用した出張撮影だし。


257 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/19(日) 15:29:54 ID:eno5mpUK
見たけど、終末テーマではこれを上回る作品はいくらでもあると思った
「復活の日」とか「とむらい師たち」とかTVドラマなら「終わりに見た街」とか。
海外も視野に入れれば「博士の異常な愛情」とか「渚にて」とかに比べると大分格が落ちる。
物干し台のシーンも泣けるけど、あれやったら人非人でもない限り泣くのは分かり切ってるし。
(星由里子の球根のセリフは上手かった)
脚本が八住利雄って豊田四郎とやってる人だから、ドラマ部分も手ぇ抜かずにやってるなと。
でも基本的な構造、終盤の特撮大盤振る舞いまでの1時間半近くが、単なる前振りというのは
ゴジラとぜんぜん変わらん。さっさとすっ飛ばして欲しかった。
特撮映画は特撮見に行くもんだからな。前菜はいらんのだ
まーリアルタイムで見た人が恐怖を感じたというのは分かるが、そんな事言ったら五島勉の本だって
物凄く怖かったからな。この映画の出来とはあまり関係ない当時の普遍的な感じ方だろう。
それ以上でもそれ以下でもない

258 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/19(日) 19:28:28 ID:satxPYFW
>257
>物干し台のシーンも泣けるけど、あれやったら人非人でもない限り
泣くのは分かり切ってるし。

まぁ大衆向けエンタテイメントはその誰でも判りきってることを
描くのも技巧のひとつであるので大目にみてやって。

259 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/25(土) 01:55:40 ID:t+FPO9kM
>>257
もちつけ

     /\⌒ヽペタン
   /  /⌒)ノ ペタン
  ∧_∧ \ (( ∧_∧
 (; ´Д`))' ))(・∀・ ;)
 /  ⌒ノ ( ⌒ヽ⊂⌒ヽ
.(O   ノ ) ̄ ̄ ̄()__   )
 )_)_) (;;;;;;;;;;;;;;;;;;;)(_(
 



260 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/26(日) 21:23:14 ID:S7dZjI9h
太巻寿司、お稲荷さん、メロン…
時代を感じさせる最後の晩餐っすね。

最後の食事、俺なら何食おうかな。

261 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/27(月) 17:10:01 ID:LsryQ2xj
まず、いなり寿司とちらし寿司は外せないな‥‥運動会の思い出

夏みかんも‥激酸っぱーくて皮が厚いの

262 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/27(月) 17:12:49 ID:LsryQ2xj
.

アナウンサー「ただ今から、名スレ『思い出に残る食事』人類最後の食卓編が始まります、ラジオ、テレビのスイッチを切らないでそのまま‥


 


263 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/28(火) 23:20:05 ID:lhZwNVnl
真面目な話さ
何で核戦争なんかしたんだろ。お互い滅ぶってわかってんのに・・・

264 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/29(水) 15:38:48 ID:l0bE7l7E
>>263
それを訴えたかったんだろうな。
いや、俺も真面目な話で。

265 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/03(日) 18:15:37 ID:RhbMvBB5
核戦争は誰も儲からないから起こらない
逆に、儲かる国や企業がある限り
その程度の規模の戦争は無くならない...

266 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/04(月) 11:56:11 ID:8DIeaL56
>>265

吉外の独裁者だったらわからんぞ。


267 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/09(土) 00:44:41 ID:NRMhjH0A
>266
ホンモノの基地ならそこまで行かない>権力者

後でボケてなっちゃうコトはあるかも知らんが
まぁそれは平民も同じだしな

268 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/09(土) 11:54:44 ID:iKPwhhmZ
アメリカが考えてる核ミサイル迎撃システムが完成したら、
核の均衡は崩れてしまうよ。
そしたら、アメリカは自分たちだけは核兵器を使えると
考える可能性があるかも。

269 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/10(日) 20:28:45 ID:174Acv8c
これ見たいんだけど近くのレンタル屋にないんだよなぁ
宇宙だったらあったけど

270 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/10(日) 20:49:30 ID:2jE2iavN
ガキの頃観たウルトラセブンの凱旋門粉砕シーンがこれの流用とは驚きでした。

271 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/12(火) 15:20:57 ID:gm9/tzUL
>>268
そうなったらだれだってこんどはミサイル以外の核を考えるだろう。
持ち運びに便利。テロ用超小型核。

272 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/23(土) 15:36:18 ID:RlgHzpsq
物干し台でのフランキーのセリフ覚えてる人いたら、教えて!

273 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/23(土) 15:55:13 ID:XuZPGH9D
フランキーが自分が行けなかった大学に息子を
行かせてやりたかったって言うシーンを見て
「連合艦隊」で財津一郎がなぜ息子が親より早
死ななければいけないんだって言うシーンを思い出した。
両方悲しい。

274 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/04(木) 12:08:41 ID:U2/rgJSj
最後に巻寿司を食べるシーンで、親に「これが最後の食事だから
ご馳走なのよ」と言われて泣いた。


275 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/07(水) 00:50:59 ID:pm1u5OMU
し・あ・わ・せ・だ・っ・た・ね

276 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 08:44:31 ID:I0Nkph4I
>>275

ん?
コ・ウ・フ・ク・ダ・ッ・タ・ネ
だったような希ガス

277 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 13:53:36 ID:DWx4NDW6
山村聡の首相、上原謙の外相、河津清三郎の防衛庁長官、
中村伸郎の官房長官、高田稔の統幕司令。
特撮ものとしては、重厚な俳優陣だった。


278 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/13(火) 23:15:45 ID:ejkl6xxZ
仏頂ヅラの池部リョウが出てなくてよかったね。

279 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/14(水) 08:25:11 ID:ZAbXltHx
池辺良が出るなら
「日本政府は最後まで平和を〜」って無意味に繰り返す
ナレーターの役やってほしい

280 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/18(日) 18:44:27 ID:+imJyeP6
>276
玉音放送を聞いてひとこと「降伏ダッテネ‥」

281 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/01(土) 12:11:10 ID:+C9eMxkV
まあ、こんなときは美味しいコーヒーでも飲みましょう。

By笠智衆

282 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/04(火) 06:13:15 ID:qVTuk0cy
>>281
ぬるいッ!砂糖も多い!

283 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/11(火) 22:09:31 ID:Nryms83T
>263
作品の中盤、警報の誤作動で偶発的に全面核戦争になりかけたのを、
偽外人たちが必死の努力で回避させたシーンがあった。
この時点で、連邦・同盟の両陣営が核兵器を削減・排除していれば
ドゥームスデイは来なかった。
にもかかわらず軍拡をつづけた結果、二度目の「悪い偶然」が起こり
ああいう結果になったのだと理解している。

284 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/12(水) 15:52:07 ID:G1wVoqae
今の邦画で、こういう救いようのない結末はないよな。
お涙頂戴の最近の純愛物と比較すると重さが全然違う。


285 :マウス:2005/10/14(金) 20:59:21 ID:t4vuken6
この映画は存在自体が面白いですね、さらに40年もたっても
面白がってる人がいるのも面白い。
今作ったらやっぱりお客さんくるかな?
冷戦は難しいから限定核戦争で、中央アジアの首都に
ある日核ミサイルが飛んでくる
そこの現地妻との出張している日本人の夫の家族という感じで

286 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/22(土) 05:00:01 ID:wnI9RWkP
戦争起こしてた両軍がミサイル飛ばしあうのはわかるんだけど、
何で日本にまでミサイルが飛んできたの?

287 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/22(土) 17:06:35 ID:/adhMBUw
安保があるから。


288 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/22(土) 19:16:42 ID:QYEFL/MP
安保を解消すれば娘をでえがくに通わせてやれたのか……

289 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/22(土) 20:46:02 ID:/adhMBUw
その前にソ連に侵略される。


290 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/05(土) 12:14:03 ID:sefZxflw
先月発売された「ウルトラセブン1967」に昭和42年10月1日のテレビ欄が掲載されているんだけど、その日の夜「世界大戦争」がテレビ放送されている。
枠は19:30〜20:56で1時間26分の放送。そこからCM時間を差し引くと・・・・・えらい削り方だなあ。

291 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/05(土) 12:58:59 ID:pagGHC1A
昔の映画枠は一時間半が普通だったよ。

292 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/08(火) 11:56:36 ID:dM21jvGZ
>>290
うああ、小生が観てその後寝られなかったのはその放送だ!
まさしく小学校3年生、ぴたり一致するよ。 

293 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/10(木) 07:50:22 ID:njQGJA8r
<検証> 日本特撮はいかにして没落していったか2
http://bubble4.2ch.net/test/read.cgi/rsfx/1131576331/


294 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/16(水) 19:26:31 ID:3ulj0UAD
冒頭の東京の全景や若い二人がデートしている場面で背景に見える警視庁や日比谷公園を
見ていると、まさにリアル版「ALWAYS 三丁目の夕日」だな。

数年前、レンタル屋にも無くなり、製造中止になっていたLDを3ヶ月がかりで探し当て、
あるルートで星由里子にジャケットにサインしてもらった。

DVDを買った今でも宝物だ。





72 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)