2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

東條英機『激動の昭和史・軍閥』

1 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/03(日) 12:59:44 ID:9JoP6CqS
終戦60年・東宝戦記シリーズ『激動の昭和史・軍閥』について

製作・藤本真澄
監督・堀川弘通
脚本・笠原良三
音楽・真鍋理一郎
出演者・
東條英機・小林桂樹
新井五郎・加山雄三
山本五十六・三船敏郎他

http://www.jmdb.ne.jp/1970/ct002060.htm

2 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/03(日) 13:54:17 ID:er4ATwib
英機 感激!

3 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/03(日) 14:22:38 ID:KQ0m34QD
また東日本ハウスがスポンサーなの?
こんなん見て喜んでるなんて韓国人や中国人を笑えないな。

4 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/03(日) 19:37:14 ID:ygPmKn+k
>>1
厳しい映画だった。70年代にはよくテレビでも放映してたよ。
天本英夫も校長先生の役で出てたな。サイパンで死ぬ役だった。

ところで最近、東條を東条と間違えて書いてる馬鹿が多い。特にマスコミな。


5 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/03(日) 19:43:42 ID:16fIK03s
この映画好きなんだよなぁ

特に、
天本先生の「おまえそれでも人間か」と
ラスト近くの黒沢年男の「じゃあ、勝てる戦争ならやってもいいのか」のシーン

6 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/03(日) 20:38:09 ID:SyxDnnPt
作者である新井記者(加山雄三)と先輩記者(岸田森)のキャスティング
が最高! 実年齢では加山の方が上なのに見た目では・・・というとこが
憎いなー!

7 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/03(日) 22:30:28 ID:YV7YHIPg
孫とか称しているババアは死ね。

8 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/04(月) 14:16:21 ID:e8dT0UWl
>ところで最近、東條を東条と間違えて書いてる馬鹿が多い。特にマスコミな。
それどころか、英機を機を間違えてテロップしていた情報番組があった。

>ラスト近くの黒沢年男の「じゃあ、勝てる戦争ならやってもいいのか」のシーン
「日本のいちばん長い日」の畑中役もそうだが、あのころの黒沢年男は素晴らしかった。
名前を年男から年雄に変えたら、すっかり、お笑い専属のようなバラエティータレントに
なってしまった。

9 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/06(水) 05:56:24 ID:nrqBltzx
東條大将と裸の大将は同じ小林ケイジュでしたな。

「ぼ、ぼくはカミソリといわれてるんだな
へ、兵隊のくらいで言うと、大将で首相なんだな」

10 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/06(水) 13:22:39 ID:0rChIFn1
赤ん坊がトラウマ!

11 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/06(水) 14:39:39 ID:pjkgYRo1
終わり方が唐突過ぎるのが唯一の難点

12 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/07(木) 23:48:16 ID:AO2fJE2+
東條のいい面も悪い面もよく描かれていたと思う。



13 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/08(金) 00:13:33 ID:wKmiJdb3
>>7
東條の孫のことか?

14 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/08(金) 09:49:38 ID:BSwQC35v
>>1
加山雄三が演じた新聞記者・新井五郎は、モデルがいたとか。
誰なんですか?

15 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/08(金) 15:01:24 ID:TivdZQ0h
どういう経緯で東宝喜劇や文芸物専門の笠原良三が脚本を担当したのかが知りたい。

16 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/08(金) 17:23:52 ID:fO6e1o+N
>>4ところで最近、東條を東条と間違えて書いてる馬鹿が多い。特にマスコミな。
間違いというか、新聞表記では略字にしているのだろう。
ただ、長嶋茂雄や黒澤明のように、以前は略字で表記していたのが
正字で書くようになった人も多いのに、東條の場合は少し違和感がある。

>>14
毎日の前身、東京日日新聞の記者だった新名丈夫。

>>15
当初の予定だった「激動の昭和史 東京裁判」が流れて急遽立ち上げた企画なので
時間がなく、早書きの笠原にお鉢が回ってきたのではないか、と。
この人は確かに喜劇や文芸映画が多いけど、この「軍閥」の頃は「蝦夷館の決闘」みたいな時代劇も書いていたりで、
基本的には何でも屋だろう。戦争絡みの題材では増村の「赤い天使」も書いているし、
「軍閥」の重苦しいトーンは「赤い天使」と共通するものがある。
映画の公開にあわせて「軍閥」のノベライゼーションも出版している。

17 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/08(金) 18:15:39 ID:Y8S6XnVk
>>15
笠原さんは商売で割り切って東宝喜劇などを書き飛ばしていた。脚本がいい加減なので
現場はいつも困ったらしい。監督や俳優がそれを何とか形にしたところから、
あの東宝喜劇独特のルーズだがおおらかな作風が生まれたともいえる。

たまに文芸映画なども描いているので、根は真面目な人だと思いますよ。

18 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/08(金) 18:52:37 ID:hY5oQJWc
東條英機の娘の一人の夫は、終戦時・近衛師団参謀で、反乱を起こし、自決した
青年将校の一人、古賀秀正少佐。
もう一人の娘の夫は、「G75」等の映画監督の鷹森立一。

19 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/09(土) 15:50:56 ID:SwrXTMnK
わたしゃ好きだけどな、ホン。
だんだんヤケで強気になってくる東條があわれで。
昭和11年2月26日から、
ラストは20年2月26日。唐突な原爆で終わり。
特撮は一切なし(ありものばかり)だけど、
映画はホンと演技者でつくるつうあたりまえを証明してくれた。
東條悪役論でも無罪論でもなく、歴史のうねりに抗えなかった
一人の律儀で不器用な軍人の生涯。

永野総長ハンサムすぎ。ちょっいミスキャス。

20 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/09(土) 19:29:42 ID:prcnM9QB
天本英世と加山雄三が招集されたときに出てくる
堺左千夫演じる兵隊が最初嫌なやつっぽいんだけど
戦場で孤児と一緒にいるところなんかがなんかいいんだよな

21 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/09(土) 21:07:21 ID:SwrXTMnK
そうそう、ちょい役だけど。
「兵隊さんがいるから大丈夫だ」なんて泣かせる。

あとバンザイクリフで女が身投げ、
悲鳴に東京の東條が飛び起きるところとか。

22 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/10(日) 00:12:17 ID:ZsTNLRvh
DVD出ないかなぁ

23 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/10(日) 14:32:21 ID:Iv5FZSH2
陸軍軍人役の俳優に比べて、海軍軍人役は、藤田進、田島義文、平田昭彦、土屋嘉男、佐原健二、
久保明、当銀長太郎ら。
どうしても対ゴジラ・学者/自衛隊メンバーになってしまう。

24 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/11(月) 05:38:59 ID:kLw2gKiV
つうか、監督は黒澤直弟子でしょ?
ロスプリモス黒澤と本多監督は大の仲良しで、
キャストとかかぶりまくってる。
藤田も土屋も元は黒澤映画常連。
トラトラ問題で黒澤はついに戦争もんやらなかったけど
敵中横断のシナリオ見ると、やらんでよかったかな。

25 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/16(土) 10:56:29 ID:wFan8z9f
民芸のベテラン俳優・清水将夫、来栖特使役で出演してるけど、
台詞は東條に『はぁ』というだけ。


26 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/19(火) 14:53:24 ID:C6msqqV/
東條内閣の閣僚役でキャストクレジットされていないが、
日活系の山田禅二、東映系の片山幌という二人の俳優が出ている。
どうして、キャストクレジットされていないか不思議です。
当時は、まだ映画俳優専属時代なので、東宝に出演したのがまずかったのか。

27 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/25(月) 20:44:08 ID:02zWfybV
ラストのきのこ雲は、広島原爆じゃなくて、ビキニ環礁の水爆実験の映像
だな。

28 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/26(火) 18:51:07 ID:jbMHrGpN
>>15

笠原良三は中国に居たんだつけ?
なんか凄い戦争通なんじゃなかった?

29 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/23(火) 20:49:43 ID:isu7cMPr
「勝てる戦ならやってもいいのか」ショックだった…

30 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/24(水) 00:12:05 ID:u/EUtwyQ
勝てる戦争ならやってもいいんだよ。
勝てるという確信がなければ、戦争なんてやっちゃいけない。
黒沢年男君のセリフは、あのお目目に騙されちゃうけど、ちょっと滑ってるような気がするんだけどね。
関係ないけど、東條大将にしてもアラカンがやったアレが一番良かったような気がするなあ。

31 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/24(水) 00:20:23 ID:QCTsGJnP
んー勝てる戦だからやっていいなんて道理はないぞ。
勝てる戦であっても悲しいんだよ。
勝てる確信は確かに必然だけど、確信は結果じゃないからな。だから勝てる勝てないじゃないんだよ。年男がいいたいのはさ。

32 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/24(水) 01:30:03 ID:XXkUdit+
「勝てる戦ならやってもいいのか」
これセリフ自体はいいんだけど、演出がちょっと滑ってる。

33 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/24(水) 01:44:53 ID:xtg6C8KL
>>32
七人の侍でもみてろ

34 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/24(水) 01:49:59 ID:XXkUdit+
>>33
黒澤は苦手…

35 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/02(金) 16:25:17 ID:dqgl7MBf
(゚o゚) オギャーオギャー
(゚Д゚) 泣かすな!黙らせろ!
(-_-;) ・・・
オギャーオッ・・グ・・
(。。;) ハァ、ハァ・・
(--;) (・・;) (゚_゚;) ・・・・



36 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/09(金) 20:37:44 ID:62Tx1Om3
この作品が一番、本当の東條英機に近いように思う。
つまり本来はええ人やったけど、途中でブチ切れた。

垂水吾郎がやったのは、どうみても武藤章でしょう。この人が226のあとで軍閥政治に持ってきて、切り札と思って東條を投入したら、自分は反対していた対米戦になってしまい、それに異を唱えたら、最前線に飛ばされちゃった悲運の人だね。

あと東映の倉田保昭がなぜか出てますがどこに出てるのかな?

37 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/10(土) 15:49:33 ID:0N1mVjU1
>>36
>あと東映の倉田保昭がなぜか出てますがどこに出てるのかな?
確かに何度、ビデオ見てもよくわからない。
多分、兵隊役かなんかと思うけど・・・。

10 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)