2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

被差別部落or在日朝鮮人を描いた映画

1 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/19(金) 22:36:12 ID:tn55Rsq7
前者は今井正監督「橋のない川」
後者は大島渚監督「絞死刑」
あたりが定番ですか?

差別的レスは一応お断りします。

2 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/19(金) 22:52:42 ID:wJ4adnTb
止めましょう。
>>1さんの意向がどうであれ、この先どうなるかは明らか。
2ちゃんねるでは韓国嫌いが暴れること必至だから、真面目に「橋のない川」を批判したい人がいても
口を噤まざるを得なくなる。
「橋のない川」「絞死刑」などについては、既にある左翼映画人スレで話すことにしましょうよ。

3 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/19(金) 23:02:33 ID:sCgEKsEa
>>2
お前は来なくていい

4 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/19(金) 23:10:22 ID:HKSC8hpf
怪しいぞ、このスレは!

5 :1:2005/08/19(金) 23:38:10 ID:tn55Rsq7
>>2さん、ご心配ありがとうございます。
でも、この板は平均年齢が高く、良識ある方が大半でしょうから、大丈夫だとは思うのですが。

6 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/19(金) 23:45:11 ID:gmxDW1cp
「帰ってきたウルトラマン・怪獣使いと少年」

7 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/19(金) 23:54:18 ID:UyHUj1al
キューポラのある街

8 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/19(金) 23:56:14 ID:YCDSpBO5
無料会員登録してポイントを稼ぐと
2万円〜3万円なら30分ほどで稼げます
もっとがんばれば10万円以上稼げますが
さすがにそれはかなり疲れます
http://qazrfv.fc2web.com/


9 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/20(土) 02:39:58 ID:c0wYeCQe
やっぱり「ガキ帝国」は強烈だったな。あの猥雑さはかなりのインパクト
があった。
被差別部落描いた映画は学校で見せられた同和対策映画以外にあんまり
見た記憶はないけど「瀬降り物語」ってこのカテに入るの?

10 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/20(土) 03:06:58 ID:6FbyKQ/E
木下恵介&市川昆「破戒」、
「狭山事件」関連の映画は数本あります。

在日の映画は多すぎて…

11 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/20(土) 03:44:34 ID:iCpxKU1M
やっぱ、パッチギだろw


12 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/20(土) 07:17:07 ID:adWcGAY6
坂田三吉

13 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/20(土) 10:55:07 ID:Ts7BCP/w
『やくざの墓場 くちなしの花』

在日朝鮮人やくざとアウトロー刑事の友情を
描いた傑作

14 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/20(土) 11:00:24 ID:l/DN1TVv
「仁義の墓場」

しかしやくざ映画を上げていったらきりがないような。

15 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/20(土) 11:06:05 ID:163iiK06
『京阪神殺しの軍団』

伊吹吾郎に萌えw

16 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/20(土) 16:50:44 ID:7IKeF2fg
「続男はつらいよ」

17 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/21(日) 03:36:36 ID:tLk+hBsy
まあ、寅さん自体、ブラ区民という設定かもしれんしな。

18 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/21(日) 10:16:08 ID:HbNbZnq2
>>17
そっから先、もうやめておきましょう。

19 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/21(日) 21:43:25 ID:JJLabx2M
渥美清といえば、野村芳太郎監督の『白昼堂々』。
実際にあった泥棒集団の事件を題材にとってるが、
拠点になったあの筑豊の村が被差別部落であることは周知の事実。
村に厄介になってる朝鮮人まで描かれてた。

暗さなど微塵もない脳天気な喜劇だったが、
野村監督がこの後「砂の器」「八つ墓村」などを撮ることを考えると、けっこう興味深い作品ではある。

20 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/21(日) 23:34:50 ID:Nlol1kwK
>>17
あれは落語の世界。
山田洋次がああいうのが好きなだけ。
寅さん以前にも似た題材で撮ってたはず(渥美清じゃないけど)。
なので、そこまでは考えてないでしょう。

21 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/21(日) 23:41:30 ID:Nlol1kwK
映画ではないけど、明日のジョー。
ちなみに泪橋に橋はありません(交差点だったかな)。
派出所沢山あり。
川にいけば、蟻の街のマリア。

22 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/21(日) 23:55:56 ID:IRa1njBM
映画になってるじゃん>ジョー

23 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/21(日) 23:57:50 ID:Nlol1kwK
え?映画になってたっけ。
知らんかった。ごめんよ。

24 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/22(月) 00:01:52 ID:86JDIpqM
>>19
はっきり書いてないのだと、大島の「太陽の墓場」もそうだな。

それから「戦場のメリークリスマス」に朝鮮人軍属。

>>7
北朝鮮帰国問題がねえ。

百済系帰化人の出てくる古代時代劇ってある?

25 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/22(月) 00:03:09 ID:86JDIpqM
あと、戦後直後はあっけらかんと朝鮮名で出てくるのがあるな。
ただそういうのはどの映画なのか忘れちゃって、
意図的に描いてある奴はやっぱり記憶に残る。

26 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/22(月) 00:30:31 ID:Xx+T6/2D
唐十郎監督『玄界灘』


27 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/22(月) 00:43:14 ID:yPkDz15i
裸の十九才 は? 永山のりお。

28 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/22(月) 10:24:59 ID:q6KTW8YF
>>27
永山則夫は青森だから部落なんか関係ないだろ。

>>19
筑豊と言えば、今村昌平の「にあんちゃん」に部落らしきものが出てきたような記憶が。

29 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/22(月) 11:41:50 ID:nZHDgk4f
「天国と地獄」

「きちがい部落」は?

30 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/22(月) 15:09:11 ID:TURM4/H4
黒澤明の「どですかでん」も、ある意味前者かな?

>>6さんの「帰ってきたウルトラマン」のあの話を
最初に見た時はショックだった。

31 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/22(月) 16:39:17 ID:q6KTW8YF
この板でよく話題になる作品だけど、
「気違い部落」は被差別部落とは何の関係もない。
八王子の実在の農村を舞台にした渋谷実の名作だよ。

32 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/22(月) 23:06:25 ID:XDXlPvLU
特撮では「獣人雪男」。舞台となる村が被差別部落を思わせるとかで封印されてる

33 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/22(月) 23:35:50 ID:f2LCyC5K
>>28
永山の出生地は網走番外地

34 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/23(火) 02:38:15 ID:plw+2M52
有名どころで「砂の女」かな。

35 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/23(火) 08:57:41 ID:eCQ4TZRP
>>32
映画館ではやっているので念のため。
あれはアイヌじゃないのかな?

36 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/23(火) 12:06:44 ID:63raDwQs
「か椰子(変換できず)のために」

昔見たけど、いい映画だった。

37 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/23(火) 13:17:37 ID:zYNLYG4f
>>28
永山則夫の本とかを読むと部落っぽいけどな
住んでる所に住所が無いとか、本籍が町の役所になってるとか
東北にも部落は存在するんじゃないかと思った

38 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/23(火) 17:03:47 ID:63raDwQs
>>37
俺こういう問題詳しくないが、
同和地区てほぼ全国に存在するんじゃないの?
ないとしたら事実上明治から歴史が始まる北海道(アイヌ問題はあるが…)とか琉球国だった沖縄ぐらいでは?

39 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/23(火) 17:52:43 ID:d4bLiXhT
>>32
「大怪獣バラン」もな。こっちは発禁になってないけど。
黒澤明の「どですかでん」はどうかな?

あとアニメで「アパッチ野球軍」「タイガーマスク『試合開始5秒前』」「じゃりん子チエ」。
今深夜やってる「ぺとぺとさん」も実はそうだって話があるみたいだけどちょっと無理があるか?

40 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/23(火) 19:16:00 ID:seKm01AZ
>>37

網走番外地は北海道なんですが

41 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/23(火) 19:37:21 ID:MjsWZdUS
相変わらずこの板でもただの貧乏人の集落と被差別部落の区別ついてない香具師が多いな。

ただの貧乏人はあくまで貧乏人。

被差別部落は金持ちだろうが貧乏人だろうが被差別部落。

そもそも>>1で出てる「橋のない川」だって自前の産業持ってて裕福な村の話だったろが。
ちゃんと映画見てないのか?

42 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/23(火) 19:44:25 ID:Mp28vZ/B
永山は著書のなかで、部落出身ゆえに差別され貧しかった、学校にもろくに通えなかったとかいていたような気がします。

43 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/23(火) 23:25:07 ID:eCQ4TZRP
>>38
穢多は武士が少なからずいたところには必ずいた。
いないと馬具や武具を修理することもままならない。

それが現在まで同和問題を引き摺っているかというとこれはまた別問題だが。


44 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/24(水) 00:29:24 ID:1ydmoGil
東北では職業差別というのが無かったらしい
東北地方以西では差別対象となるような職業も普通に職業として認められてた
穢れという概念が無かったらしいのが原因なんだってさ
寒い地方なんで毛皮等は必需品だったし、元々狩猟民族だったしって訳でさ
それが被差別部落があまり無い原因だって中学の時の先生が言ってたよ

45 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/24(水) 01:43:39 ID:fEXnkf/1
永山について情報が錯綜しているので調べてみた。

永山本人と永山の父は網走出身、永山の母は津軽出身。
(網走番外地出身のため、後に激しい差別を受ける)
両親の離婚後は母に引き取られ、母の出身地(津軽)に転居。
部落らしいと思われるのはこの時の住所。

46 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/24(水) 08:37:37 ID:9k4GFKIg
>>39
バランで確かに
”部落”
て台詞があるが、俺はたんに”地区”とか”集落”の意味で捉らえたが…
昔は”部落”て言葉普通に使ってたよ。

”普通の部落”と
”普通じゃない部落”
があっただけ。

47 :46:2005/08/24(水) 08:55:48 ID:9k4GFKIg
”普通じゃない…”て、不適説な表現でした
m(__)m
俺が言いたかったんは
”差別する側の部落”

”差別される側の部落”
あったてこと。

バランはどっちの部落か、俺には判断できんかった

48 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/24(水) 10:47:07 ID:WlPiiInz
地の群れ

豚小屋、革職人、原爆スラム、いろいろ出てきます。

49 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/24(水) 19:56:12 ID:/V1LApCT
永山則夫が「被差別部落」出身だなんて初めて聞いたぞ。
東北では普通の集落のことを「部落」というのを勘違いしてるんじゃないのか?
何度も言うように、ただ差別されるだけじゃ「被差別部落」にはならないんだよ。
前近代にまで遡る歴史的背景が違うんだから。

著名作家で被差別部落出身者であることを公言していたのは故・中上健次ただ一人。
中上は同世代である永山について数多く発言していたが、
もし永山も同じような出自なら当然その点にも言及があって然るべきはずだ。
でもそういう文章読んだことない。
だから、そっちは全然関係ないんだろ。

ちなみに中上健次の小説は何本か映画化されているが、
すべて被差別部落とは関係ない題材だった。残念ながら。

50 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/24(水) 22:25:05 ID:Vy/jdYHV
永山は、網走番外地出身というだけで、どこにも就職できなかったと
著書の中に書いているが、それは被差別部落とは全く別のもの。
中上の作品なら「日輪の翼」がテレビドラマ化された時に、被差別
部落をあらわす「路地」という言葉が使われたと思う。

51 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/24(水) 23:09:39 ID:XXkUdit+
映画以外のことは専門の板やスレがあるから、そっちでやってはどうか?

52 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/24(水) 23:11:02 ID:XXkUdit+
>>50
「路地へ 中上健次の残したフィルム」ってのはなかなか面白かったな。
http://www.jmdb.ne.jp/2001/dy002220.htm

53 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/24(水) 23:52:14 ID:gSOxhBSW
そんなおまいらに…
つ http://www.geocities.jp/you_you1511/link.html
少し落ち着けw

54 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/25(木) 00:46:59 ID:KK09YAhR
「実録外伝・大阪電撃作戦」
獣のように生きていた朝鮮ヤクザが徐々に人間性に目覚め、
最後は二本足で誇り高く死んでゆく!最高でした。


55 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/25(木) 01:25:34 ID:apJwwWGs
俺の住んでる地域では俺が子供のころ(昭和40年代前半くらい)は“部落”って言葉は
現在の“自治会”とほぼ同義語として普通に使われてたよ。

夏休み前なんかは地域別に子供達が集まって、夏休み中のラジオ体操の
スケジュールとかキャンプの予定を相談する“部落児童会”なんてのが
学校行事としておこなわれていた。

他県なんかから転校してきた子の親なんかはビックリしたにちがいない。

56 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/25(木) 11:06:58 ID:x+xs0aQQ
>>55
俺の田舎もそう
さすがに現在では”○×地区”て言うてるが
でも年寄りはいまだに”○×部落”て言うてる(w


57 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/25(木) 11:32:15 ID:nURhiqsz
いいかげん映画の話に戻せ。

三國連太郎は映画で2回部落民の役を演じています。
その作品名は何と何でしょう?

58 :56:2005/08/25(木) 12:04:05 ID:x+xs0aQQ
スマソ

既出だが
「伽椰子のために」 小栗監督
は名作です。

樺太出身の在日の青年と日本人だが在日朝鮮人夫婦の養女になった
伽椰子の恋愛映画。

59 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/25(木) 12:17:28 ID:40dOdIN3
仁義の広島死闘編

60 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/25(木) 12:38:21 ID:XyE+BmA5
>>57
雷蔵主演の『破戒』は名作だった、夜中のテレビで観て感動した。
原作島崎藤村、監督市川崑のやつだ。

61 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/25(木) 14:09:50 ID:vyEctNPk
>>57
もう一本は「飢餓海峡」じゃろう
なにしろ役名が「犬飼多吉」

62 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/25(木) 14:39:16 ID:nURhiqsz
>>61
ブーッ!間違い。
正解は坂田三吉が主人公の「王将」(何度映画されてるか知らないが、三國のは伊藤大輔版)。

ただ、あと大江健三郎原作・大島渚監督の「飼育」の村もちょっと微妙なところではあった。

63 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/25(木) 14:49:03 ID:vyEctNPk
>>62
間違いではありません
竹中労も「日本映画縦断」のなかでこの説に太鼓判をおしています

64 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/25(木) 15:53:43 ID:2eqehY1J
>>39
バランにも部落っぽいのが出てくるけど、
獣人雪男は村人が目っかちとかカタワとかで、
明らかに近親婚による奇形を思わせる。
シナリオ段階での描写はもっと露骨だったらしいけど。

65 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/25(木) 17:27:34 ID:Lif0F6we
小林旭、梅宮辰夫主演「京阪神殺しの軍団」
昔観たので詳細失念、あんまり近所のレンタル屋に置いてないんだよね

66 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/25(木) 18:17:15 ID:j8s8tp1L
「残侠」。これはすごい。終戦直後、在日朝鮮人たちの襲撃から警察署をヤクザが守ろうと頑張っていると、トラックが次々と。すわ敵襲か?!と思ったら、ヤクザの加勢に来た被差別部落民の集団だった・・・。

67 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/25(木) 19:09:34 ID:7UPYl67a
山下耕作監督作品では『山口組外伝 九州進行作戦』も印象的。
徐甲竜(今井健二)が夜桜銀次(菅原文太)に朝鮮語で話かけ、
腕を銃で撃たれるシーンがあった。

68 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/25(木) 21:11:21 ID:hI/80ZCq
>>66
ど、同和連盟…
いいのか?

69 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/25(木) 21:37:57 ID:SYdtrQ/M
>>63
じゃあ三國は少なくとも3回は部落民の役やってるのか。
こりゃ偶然とは思えないな。
意図的にそういう仕事が回ってくるのか、それとも本人が積極的にやりたがるのか・・・

部落民を演じている時、三國は一体どういう気持ちなんだろう。

70 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/25(木) 22:00:02 ID:ONb9b5kD
>>69
おいおい

71 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/25(木) 22:14:19 ID:+HOlvBaC
>>69
三国スレ読んでみろ

72 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/25(木) 22:15:12 ID:yCSGqTi8
>部落民を演じている時、三國は一体どういう気持ちなんだろう。
ご本人自身が同出身で、
そのためたいそうご苦労なさったと言うのを、
何かで読んだ記憶があります(インタビュー記事だったかな?)。

73 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/25(木) 22:23:51 ID:7UPYl67a
三国は反戦運動・平和活動も熱心だね。

74 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/25(木) 23:16:02 ID:R0OkntBJ
三国人だからね

75 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/26(金) 02:39:01 ID:OfqRrls5
今村昌平  にっぽん戦後史 マダムおんぼろの生活

肉屋の娘に戦後のニュースフィルムを見せながら今平がインタビュー

76 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/26(金) 11:52:47 ID:1MFJGlH+
>>74
うまい!w


ってコラッ!

77 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/26(金) 13:41:33 ID:fVJwUfih
「地の群れ」はどうよ。

78 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/26(金) 19:37:08 ID:82BvGeel
「仁義なき戦い・完結編」がテレビ放映された際、
小倉一郎扮する弱っちいチンピラの貧しい実家(母親がちり紙交換やって稼いでる)が出てくるシーンで、
町名を表示するテロップにモザイクがかかってた。
あれは広島市内の例の有名な地域ではないのか?


79 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/26(金) 20:19:52 ID:Lf+9iT4w
「新仁義なき戦い」ついこの間衛星でやってたが、
「この朝鮮ピーが」ってところ、音消されたませんでした。
ちなみに「ピー」とは従軍慰安婦の蔑称。

80 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/26(金) 21:31:24 ID:uZpECmUz
>>78
それは「頂上作戦」だね。

それとテロップのモザイクは「原爆スラム」です。
原爆で家を失った人達が住んでいたバラックの通称。
昭和50年頃、そこに高層住宅が建てられてみんな移ったので
現在はありません。


81 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/27(土) 00:14:11 ID:NCbyjdiK
広島市基町(通称原爆スラム)
↑極太明朝体で

82 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/27(土) 00:22:29 ID:nwVuF6+H
『仁義なき戦い』第一作の新開役の三上真一郎の台詞回しを、
脚本の笠原和夫が絶賛してたね。「僕は特に脚本で書いてた訳
じゃないのに、ちゃんと在日の喋り方を勉強してるな、と思った」
と『昭和の劇』で述べてた。

83 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/27(土) 00:32:43 ID:NCbyjdiK
任侠物の傑作とされる笠原・山下「博奕打ち 総長賭博」と仁義の
両方に出てる三上・金子・名和はすごいね。

84 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/27(土) 06:25:20 ID:ZUYs0+bg
山口百恵の「炎の舞」
平家落人部落

85 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/27(土) 09:05:08 ID:l+M5F488
>>80
>テロップのモザイクは「原爆スラム」です。
公開時からモザイク入れてあったのですか?
違うならいつからでしょうか。

86 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/27(土) 10:49:56 ID:nwVuF6+H
>>83
曽根晴美も両方に出てるね

87 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/27(土) 16:13:38 ID:njAvUnaY
その原爆スラムで犬の肉をうまそうに食う文太・・・
それにしてもすごい映画だな「仁義」シリーズは


88 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/27(土) 16:33:58 ID:lARDvBAC
>>85
地上波だと入れるんじゃない?いろいろうるさいから。
この間WOWOWでやったときはちゃんと「原爆スラム」の文字があったよ。
深作作品にはスラムはつきもの。
「解散式」とか「軍旗はためくもとに」とかスラムがなければなりたたない。

89 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/28(日) 10:05:25 ID:ws+STiSE
貧乏人が出てきたら「すわ!ブラ区民」つう反応もおかしいだろ。

90 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/30(火) 09:41:17 ID:IoXoL7Cj
『どですかでん』は?

91 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/30(火) 19:53:36 ID:TkjoUsdF
黒澤はそういう場所好きだよな。
デビュー作からしてわざわざ浅間神社なんか行ってるし。

92 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/30(火) 23:23:30 ID:rzvMS6mK
相変わらずただの「スラム」と「被差別部落」の区別がついてない奴多いな。
本物の部落はキミらんちなんかよりはるかに立派な邸宅に住んでるよ。
金のシャチホコとか付けてねw

93 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/30(火) 23:34:30 ID:EIL2bg4g
「部落」ではないが貧民地帯が出てくる映画としては、釜ヶ崎を舞台にした「太陽の墓場」や
「(秘)色情めす市場」がある。「めす市場」はオール釜ヶ崎ロケで大変だったらしい。

94 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/30(火) 23:51:25 ID:ANvejlMZ
崔洋一の『血と骨』は力作で、たけしも熱演なんだけど、
微妙に大坂弁のニュアンス・発音に少し違和感感じたな。
北村一輝は流石に大坂人だけあって見事。

『夜を賭けて』の山本太郎も発音・演技、共に完璧やと
思たな。


95 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/31(水) 00:11:49 ID:0OekDPvb
『忍ぶ川』は、当スレ違いなれど、自分の生い立ちとその血との葛藤の中
で愛を確かめ合う2人を描いた名作じゃと思うが、こんな映画はもうできん
のだろうな。

96 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/31(水) 01:59:04 ID:zzc2REv9
>>92
二重出窓の改良住宅にしゃちほこ?ハァ?wwwwwwwww
妄想上の優越感に浸ってないで人権板逝け素人wwwwwww

97 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/31(水) 02:01:25 ID:mw+AOPRY
田中登の人妻集団暴行致死事件

98 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/31(水) 16:48:08 ID:yQu99fwD
レディ・ジョーカー
映画見てから原作読んだら 本のほうが断然よかった
あの分量を映画化するのは無理だろうな

99 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/01(木) 09:28:15 ID:FCx34GNh
>>98
同感

100 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/01(木) 22:24:38 ID:3oYsWnrY
100ゲト記念
『やくざの墓場 くちなしの花』

101 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/02(金) 11:02:06 ID:XOI/EByC
「橋のない川」
ビデオ化されるまでにかなりの年月がかかったし
DVD化されるのにはさらに年月がかかりましたね。

102 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/02(金) 11:03:59 ID:rv6s3zhz
今やってるテレビ朝日の『菊次郎とさき』では
「ペンキ屋は今の塗装工の当時の呼称です。ご理解下さい。」
てな感じのテロップが出る。
時代はもうそこまで来てるのか・・・


103 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/02(金) 22:35:29 ID:fKXW0l7E
「天国と地獄」は人物設定、物語の舞台となる地域等
興味深い。日本の暗部を作品の中に見事に織り込み見ごたえある。
凄い。地名等はもろだもんなー。

104 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/03(土) 01:35:09 ID:T+rtS3eG
>>19
こないだCSで見た。おもしろかったよ。
俺、寅よりこっちの渥美清が好きだなあ。
>拠点になったあの筑豊の村が被差別部落であることは周知の事実。
あれ実際にあったんだ。どこか知りたいなあ。
でもさ。俺は同情するな。だって食わしていかなきゃならない訳でしょ。
まあ正しいかどうかは問わないとしてw
>村に厄介になってる朝鮮人まで描かれてた。
いたいた!アイゴーーっつってた人ね。

105 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/03(土) 02:53:22 ID:lHThf7xw
>>102
塗装工の方が凶悪そうに聞こえるが。レッサーパンダ男などのせいで。
しかし、言葉狩りはここまできちゃったんだね。

106 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/03(土) 03:15:31 ID:iYFJM9UM
ペンキ屋、どうしてダメなんですか?

107 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/03(土) 03:54:15 ID:GSUd/Z1V
>>106優しい人達が言うにはペンキ屋だけじゃなく〇〇屋と呼んだら、その仕事をしている人を馬鹿にしてるから駄目なんだとさ。

108 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/03(土) 11:05:10 ID:T+rtS3eG
>>107
>〇〇屋と呼んだら、その仕事をしている人を馬鹿にしてるから
ここがよくわからん。何故?
八百屋とか魚屋とか植木屋とか言うでしょ?
そういう意味ではないのかな。

109 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/03(土) 11:45:20 ID:ljKMZSw9
いや、どうやら"八百屋"はダメらしいぞ。< 優しい人達

この前観た映画では「八百屋でもやっていた方が〜」と差別的に使われていたが…
映画名は失念。

110 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/03(土) 11:45:35 ID:1QGt6hap
たしか「肉屋」は放送できないよね。

111 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/03(土) 13:00:01 ID:157gDax3
「肉屋」てタイトルはどういう事になるんだ?

112 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/03(土) 13:21:46 ID:/qBlnYpo
精肉販売店

113 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/03(土) 13:44:36 ID:UVgEkohw
〇〇屋が全部ダメならケンちゃんシリーズはどうなるの?

114 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/03(土) 14:05:08 ID:/LyojMs+
亀井なんか「チンドン屋!」連呼してたな。こいつの言い方は思いっきり
見下した言い方だった。 正直、チンドン屋組合みたいなのが抗議しない
のが不思議な位。

115 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/03(土) 14:58:32 ID:157gDax3
>>112
じゃなくて「肉屋」っていうエロ映画の事。

あれ、肉屋って一発変換できないよ。

116 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/03(土) 15:42:57 ID:hNa+lbEp
現代は差別ってのは金になるからな

117 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/03(土) 16:41:33 ID:/mb5QE88
小津「東京暮色」のチャンソバ屋(藤原釜足)

118 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

119 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/04(日) 02:29:50 ID:gvX2QTrO
落語の「刀屋」とか「唐茄子屋政談」は放送禁止になるのかね。

俺は蕎麦屋で働いてるが、自分が被差別対象になり得るとは初耳だ。
つか、大きなお世話だ。
優しい人たちってのは、実は最も優しくない人たちだよな。
手前らの飯のタネを絶やさないために、被差別対象をどんどん新造しやがる。

120 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/04(日) 06:23:53 ID:/ZQTnDMn
言葉狩りで笑ったのは、ある求人広告に「やる気のある人求む」って載せたら、
「やる気の無い人が可哀想だから」そのコピーは外してくれって云われた話。

121 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/04(日) 09:11:28 ID:QWaHLoB2
読んでると優しい人たちより言葉を使う側がヘタレだというのが
よくわかる。
優しい人達は困ったチャンなわけだから仕方ないわけで、彼らの
言い分を聞くことによってイメージアップをはかろうと言論の自由を
狭めていくメディアのほうが卑しい感じがする。

ところでアメリカって、“くろんぼ”関係とか以外で放送禁止ってある?
インディアンなんてしょっちゅう聞くし。

122 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/04(日) 10:36:26 ID:oJ4TF3C3
「新仁義なき戦い」の隆大介

123 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/04(日) 13:27:13 ID:Kv8pUIKE
差別語を用いることをお許し頂きたい。

溝口健二監督『夜の女たち』で、田中絹代演ずる
ヒロインが、「化けモンみたいな片輪の子産んで」
という凄い差別語を語っていた。



124 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/04(日) 16:46:26 ID:oJ4TF3C3
「新仁義なき戦い」の布袋寅泰

125 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/04(日) 17:26:32 ID:6u/i1u7s
↑それをいうなら豊川悦司

126 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/04(日) 18:00:43 ID:oJ4TF3C3
女番長野良猫ロックの金海福子

127 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/04(日) 20:12:30 ID:3oHZaDGq
言葉狩りなんてのは案外、ズサンで適当なもの。
○○屋だって別に使用してはならないってほどのもではなく、なるべく使用しないほうが
好ましいっていう程度のもので床屋、パーマ屋、八百屋程度なら実際、使用して
もほとんど問題になることはない。
またドラマやバラエティーでも蕎麦屋、ラーメン屋ほかは結構使用されてるし問題になったと
いう話も聞かないし。
○○屋以外の言葉も結構、曖昧。例えば「幸福の黄色いハンカチ」で武田鉄也は劇中、百姓を
中傷するような表現があるがTV放送される際は「百姓」という台詞はカットされず
また「劇中、不適当な表現がございますが」などという断りもなく問題なく何度も
放送されてるし。
一方で良くて、一方でダメという基準がよくわからないしだから結構、適当なもんなんじゃないか?
って気がしてならない。

128 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/04(日) 20:43:00 ID:U8nx9yNf
>>127
仰る通り、とくにこれといった基準はないだろう。ケース・バイ・ケースの匙加減で
決まっている。「菊次郎とさき」の「ペンキ屋」について言えば、実際に当時、「ペンキ屋
ふぜいが」という感じで悪し様に言われていたこともあったのだろう。
(それ自体に罪はないコトバでも、使われる状況により侮蔑的な意味を帯びることもある)

恐らくは前のシリーズの劇中でそういうニュアンスの台詞でもあり、「劇中とは
いえいかがなものか」とどこかで少し問題になったのだろう。それと、当事者たちから抗議があった際に
(いわゆるプロ市民や人権利権屋的な人々だけが抗議するわけでもない)、取り扱いが慎重になるのもやむを得ない。

今の地上波は、まああんなものでしょう。地上波以外では普通に流れてることも多いし。
言葉尻よりもむしろ、平気で笑いのために他者をイジめる番組が多いことの方が
遥かに問題だ。往年の「ガンバルマン」などはまだマシだった。いまや容赦も分別もない。
「電波少年」のなすびや箱男以降、本当に多くなったよなー。

129 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/04(日) 20:54:34 ID:E99YVWaz
本当に言葉がりよりもテレビ局には
イジメ番組なんとかしてほしよ
ペンキ屋さんや床屋さんていつもつかってるけど
差別用語だなんて知らなかったよ
相手も不愉快なのかな?
選挙に行かない人が増えると選挙組織みたいなとこの発言力が強くなってこうなるのかな?
とりあえず選挙に行かないと国がどんどんおかしくなりそうだよ


130 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/04(日) 22:24:36 ID:MvFA2ZmR
俺は解放同盟からクレームを受けたことがある。
あいつらはセクハラという言葉についても反応しやがる。
尤も大阪の支部長がセクハラをして訴えられていたけどな。
あいつらも生き残りかけて必死なんだろうけど。

ちょっと話がそれたけど、実際に↑のようなことがあっただけに
今後は女性に関する表現も狩られる危険性は充分にある。

131 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/04(日) 23:33:39 ID:ViBqKs5Z
同盟の定期刊行パンプレットを読むと、凄いよ。
駅のトイレの落書きまで写真に撮って掲載して、「こんなひどい落書きがありました」と報告している。
(冗談ではなく、本当に「トイレの壁の差別表現落書き」というタイトルのコーナーがある)
神経過敏だよ。
2ちゃんの書き込みみたいなものなんだから、放置しておけばいいのに。

132 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/05(月) 00:08:34 ID:wAePCGYx
そうなんだよ。あいつら異常なまで神経過敏すぎる!!
俺の作るある広報誌にインターネットから拾ってきた
なんでもないマークのデザインを指して
「これは中華人民共和国を支持する意味合いか?」と
指摘されたことがある。
ハア???このマーク見てどうやったらそういう発想が浮かぶのか。
完全な妄想だよ。いちど病院へ行ったほうがいいよ、あいつら。

スレちがいな話題でスマン。

133 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/05(月) 00:36:20 ID:j3b5UTss
「女囚さそり・けもの部屋」の渡辺やよいもそれっぽかったな
住んでるとこがスラムみたいなとこだったし知恵おくれの兄ちゃんが
いたりするとこなど・・・

134 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/05(月) 20:01:29 ID:g26tIIGu
シャフトっつう映画で黒人を黒パン野郎と呼んだ刑事が
口は悪いが良いヤツでサミュエルLジャクソンに協力してた。

135 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/05(月) 21:39:36 ID:O/ZaGdg0
「橋のない川・第二部」ってDVD出てるけど、いつから解同のお許しがでるようになったのかな?
昔は大変だったんだよねえ。
劇場で上映しようとすると、解同「構成員」がやってきて大暴れして、みんな(((;゚д゚))) ガクガクブルブル)


136 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/06(火) 00:47:42 ID:4JKxIAp4
解放同盟の連中は節操が無いからねえ

137 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/06(火) 01:32:48 ID:enj0lb1n
寅さんは在日かどうかはわからないし、山田洋次がそう語っていたといっても
公式のコメントもなければ文献もないし信憑性の点では?が付くがただ寅さんを
マイノリティーとして描いた可能性は強いと思う。
つまり言うと被差別でも在日でもどう解釈してもらっても結構ですよ、と。
甥の満男が就職した会社とか最終作でのアリランとか実際、様々な解釈が可能だし。

138 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/06(火) 01:36:57 ID:LPTM6xNY
ところで、ドラマ板でTBSの広島ドラマのスレを眺めていたら、また例によって「朝鮮人差別はな
かった」厨→「百歩譲って仮に差別があったにせよ、あんな連中は差別されて当然だ」厨が暴れている。

未見だがあのドラマ自体は観るにも値しない出来だったようだが、やれやれ、こういう輩は
何とかならんかね、スレ主さんよ。
だいたい、彼ら自身が使っている罵倒語の数々がそもそも他人種への侮蔑そのものではないか?

注意すると「お前も謝罪と賠償を要求するのか」とか言われるしさ。別にこちらは
連中が呼称するところの「サヨ」の歴史認識が全て正しいとは言っていない、それとは別に
彼ら自身の内なる差別性を指摘しているんだが。アホに何を言っても無駄なんかね?

139 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/06(火) 01:46:37 ID:LPTM6xNY
>>137
確かに寅はマイノリティの象徴としての役割を担わされているが、「寅=在日」
は永六輔が勝手に言ってるだけでしょ? 劇中ではそんな描写はほとんど無かった。
せいぜい山田が「永さん、もし寅が在日だったらどうします?」とか謎掛けをしただけだと思う。

140 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/06(火) 04:05:26 ID:q3e8EbiE
あれ寅さん兄妹は寅屋の親戚(甥と姪?)だよね。

あそこは老舗の団子屋という設定で、おばちゃんが誰かに「お宅は先祖代々の土地をお持ちで」
みたいなことを言われるシーンがあった。
寅さんの第1回ではさくらは高校を卒業して一流商社に就職してるはず。

141 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/06(火) 05:20:31 ID:rONezTlz
>>138
恐らく『ゴーマニズム宣言』読んで日本近・現代史を
わかったつもりになってる厨の坊やたちでしょ。まだ、
なんにもわかってないんだよ。

「脱亜入欧」の観念に未だに甘えてる日本の
保守層の影響もあるだろうねえ。ネットホシュの坊や達
は幼稚だから簡単に影響受けてしまう。

142 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/06(火) 08:32:26 ID:LDp7ZhCY
映画の話以外はやめないか?
>>138なんてTVドラマの話しかしてないしさ。
このスレとしてはネットウヨとかより迷惑な存在。

143 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/06(火) 11:42:15 ID:7TVYfZZC
映画は「映画そのもの」にはなり得ない。
映画を語るときにはフレームを語るのではなく、
フレームの中に映されたこともを語らなくてはならない、と思うのだけれど、どうだろう。

(思い返すと、今井正の小津批判というのも、ようするに、
小津が「フレームばかりを描いている」ことへの批判だった。
自分は今井正に組するわけではないし、小津が描いたのがフレームだけだったとも思わないけれど、
そういう批判、議論というのは昔からあったということ。)

144 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/06(火) 11:44:06 ID:7TVYfZZC
自分は>>138さんとは別人です。

145 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/06(火) 14:23:13 ID:VGuY9j5M
↑??フレームを描くとかよくわからん。
勉強家なのは分かったから議論できる言葉使いしてくれ。

146 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/06(火) 14:35:36 ID:tS1Vmx+3
>>140 寅さんの第1回ではさくらは高校を卒業して一流商社に就職してるはず。

あの時代においてタイプライターか何か打っていたからさくらの就職した会社は
かなりの一流会社だったはず。
あと寅がもし在日という設定だったなら深読み可能な描写をしてるはず。
例えばいきつけの飲み屋で必ずキムチを注文するとか焼肉が好きとか。
在日や朝鮮という表現は一切なくともそういう描写で実は・・・、的な表現を
山田洋次ならするはず。また劇中、パチンコの描写もない。
まだどちらかというと被差別のほうが可能性は強いと思う。
137の満男の勤める会社とか。




147 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/06(火) 15:15:32 ID:PWiDky+g
昔は平気で差別語をタイトルにしていたね。
「気違い部落」1957年(松竹)きだみのるのベストセラー小説の映画化

148 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/06(火) 15:32:45 ID:uAo5fbAD
「人間革命」 1973年
製作=シナノ企画=東宝映像 配給=東宝

「狭山裁判」 1976年
製作=部落解放同盟埼玉連合 配給=東映

学会映画・解同映画どちらにも主演してしまう丹波哲郎という役者の懐の深さ
(つーか、作品選んでない節操の無さw)に乾杯。

149 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/06(火) 15:59:12 ID:TCQnZ5Tz
>>148
ttp://www.tamba.ne.jp/c4-m.html
確かに節操無いわな

150 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/06(火) 19:27:46 ID:BKo+plSM
車という姓がすでに被差別では? 寅さん


151 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/06(火) 19:50:52 ID:1V0Cpfaf
車善七とか?
山田洋次はもちろん差別性を自覚して「車」と命名したんだろうと思う
それが彼の「庶民論」なんじゃないでしょか。

152 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/06(火) 19:57:50 ID:YHsCfur8
何かしらの事件とか
実際にあった出来事をもとに作ったのではないよ、
寅さんは。

153 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/06(火) 20:05:12 ID:Yrlxk8ol
>>150>>151
日本史をちゃんと勉強し直しましょう。
「車」善七は明治時代になって全然別の姓に変えてます。
だから関係なし。

つーか、「車」姓が渥美清が生まれ育った下谷車坂町に因んでいるというのは
「寅さん」マニアだったら周知のことなはずですが。

154 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/06(火) 21:08:39 ID:B3hXqPwe
いつのまにか
『男はつらいよ』スレッドになって
俺はとてもうれしい

155 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/06(火) 21:15:41 ID:1V0Cpfaf
寅さんマニアでもないし
その読解につき合ってこのスレを荒らしたくも無いんで
ここは折れとこうかな。



156 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/06(火) 22:58:46 ID:w2zKN2jp
『青春の門』に朝鮮人役で
河原崎長一郎が出て種。
舞台は炭鉱街だけど
なんとなく部落っぽく感じるのは
深読みしすぎか?

157 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/07(水) 00:31:07 ID:FgURL5iJ
日韓併合後、多くの朝鮮人労働者が出稼ぎに来たのが、
日本全国の炭鉱郡(北海道や樺太も含む)だが、
地理的にも筑豊炭鉱が最も朝鮮人が多かった。
福岡市と北九州市の中央に位置する筑豊地区は明治中期以降、
急速に炭鉱町として発展した地方。
飯塚、田川、直方は「筑豊三炭都」と呼ばれ、
多くの炭鉱があった場所。

158 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/07(水) 19:49:08 ID:0P1PIwZH
腐れ外道ワンコ貞治
中韓ゴキブリ野郎が日本野球界を蹂躙する!

159 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/07(水) 20:57:44 ID:UyqPe+Je
>>148
オマケに日共の今井正・山本薩夫・山田洋次その他の映画にもホイホイ出てるし。

160 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/07(水) 21:53:19 ID:EBlXIPFO
東映の基礎になった満映(満州映画)はもともと左の人が多かった。
というのも、その時の責任者の日本軍将校が、
左系ばかり集めて満映に連れて行ったから。
その理由は東映会長も
「自分にもいまだによくわからん」と言っていたが、
「このまま自分たちの考えだけではいかん、
そう思ったんじゃないのかなあ」てなことを言ってた。
将校の名前は失念したけど、その人は敗戦で自死。
そのときのことを、
「泣かん俺が泣いたよ」と内田叶夢が言ってた、
と、東映会長談。
左にも右にも愛された人だったそうでつ。

内田叶夢を知らない俺が書いてみますた。
内田叶夢の映画でおすすめあったら教えて欲しい。

161 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/07(水) 22:06:12 ID:5V/fNG+i
>>160
内田吐夢監督の映画でおすすめ作品
 ↓
『血槍富士』『たそがれ酒場』『真剣勝負』


162 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/07(水) 22:06:36 ID:M825hHPm
>>160
自死した将校は大杉虐殺事件の甘粕(当時満映理事長)

なんか当時軍部の検閲は内地より
満州の方が緩かったって話を聞いたことがある
なお内田は連れて行かれたのではなく
自分から妻子の制止を振り切って満州に行った

そういや「飢餓海峡」の犬飼はどうなんだろう?

163 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/08(木) 00:10:42 ID:6MFaINow
>>160
そこまでの知識があって、甘粕の名前が出て来ないとは。
「ラスト・エンペラー」で坂本龍一が演じていた役だよね。
青酸カリを呑んで自殺。
現場に駆けつけて甘粕の体を逆さにしたりして青酸カリを吐かせようとしたのが、
内田と、作家・赤川次郎のお父さん。

164 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/08(木) 00:13:28 ID:6MFaINow
よく見たら、160は「叶夢」と書いてるな。
オススメは「血槍富士」「飢餓海峡」「大菩薩峠」。

165 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/08(木) 09:18:50 ID:9qcEW+9H
「飢餓海峡」の犬飼多吉。
「大菩薩峠」の愛犬ムクと一心同体のお玉。
犬は部落民のシンボル化されたものなのか?
それで思い出すのは犬と上臈が交わってできた剣士の物語「剣鬼」。
これも犬っ子と差別されるさまが部落民を連想させる。

166 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/08(木) 09:33:55 ID:O35EhLZY
昭和30年代の東映東撮の作品は差別問題映画が多いかもしれん

167 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/08(木) 11:20:23 ID:RqbIFO5N
その罪滅ぼしで
東映はやたらと同和教育の映画を撮っている





のかもしれん

168 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/08(木) 11:57:45 ID:z+IJdrAN
つーか、実録ヤクザ路線の作品は究極的にはすべて「部落・在日映画」という見方もできるわけだが。

169 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/08(木) 12:26:10 ID:fBpJZg1e
「牛裂きの刑」は、被差別民をかなり露骨に描写していて驚かされたよ。

170 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/08(木) 15:00:44 ID:14dT3NnP
スレ違いだがマンガで言うと日野日出志もその辺はかなり露骨。
グロテスクな描写ばかりが取り上げられるが特に地獄変などは
良く描けたなあと思うほど。
あと意外なところでは安達哲の「さくらの唄」も結構、露骨。
わかる人にはわかる。

171 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/08(木) 16:24:28 ID:J1WlqOAo
マンガで、映画化もされた「ぼくんち」(原作・西原理恵子)もそうですよね。

172 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/08(木) 20:55:34 ID:JHdztfnH
秀吉も出身者だよな

173 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/08(木) 23:11:45 ID:A+XuLfo5
>>170
え!?「さくらの唄」のどの辺が???

174 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/08(木) 23:15:41 ID:qgeRVAv/
>>172
家康も賎民の出という説がある

175 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/09(金) 01:37:51 ID:3SwagNJ1
「さくらの唄」は坂の上とか下とかその辺は結構、確信犯的に意図的にやってると思うよ。
あと主人公の住むボロ家とか。
「さくらの唄」は平成版「愛と希望の街」といった感じはする。
安達はスキャンダラスな作風とか大島渚っぽいところはあるな。


176 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/09(金) 02:29:28 ID:T1fHeSSf
>>174
影武者の方ね。
本物は関ヶ原で死んでいる。

177 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/09(金) 07:37:26 ID:3W/KhDx8
>>174
その説、「カムイ伝」が有名だよね。

178 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/09(金) 08:04:27 ID:AIxgc2Yv
>>175
それは気づかなかった。単なる階層差以上の意味があると?

「さくらの唄」は最後でまとめ切れなくなって無理なエピローグがついていたね。

179 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/09(金) 08:40:53 ID:fU7k/1RI
>>178
漫画はスレ違いだが、あれ金融やくざのおじさんの名字が金春(こんぱる)でしょ。
これ、有名な能の家の名前だよ。わざとやっているとしか思えない。

180 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/09(金) 08:45:05 ID:NBLv9RlT
実際、徳川家は出自がハッキリしないんだよね。
家康の肖像画も、秀吉同様いわゆる大陸系の顔じゃないし。

181 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/09(金) 09:59:00 ID:4iejPHKL
>>179
ちなみに東映の有名悪役俳優・名和宏が金春流家元の出だってのは有名な話だよ。

182 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/09(金) 10:52:40 ID:/W1GyTa1
>>175 179

ありがとうございました。読み直そうって思ったら
数年前に売ってしまっていた・・・

183 :スレ違いスマソ:2005/09/09(金) 16:29:59 ID:zIFfx1xt
>>178 漫画はスレ違いだが、あれ金融やくざのおじさんの名字が金春(こんぱる)でしょ。

現在の醜悪な姿からは想像がつかないほどかつては主人公のような芸術家志向のナイーブな学生であったと示唆される
あの夫婦の学生時代の写真が、泣かせる。
このマンガはかなり重苦しくもし今という時代にATGがあればおそらくこういう感じの作品になるだろう
と思われる作品でヤンキーもの全盛のヤンマガの中ではかなり浮いていたし全然、爽快なマンガでは
ないんだが上記の金春夫婦の描写とかなかなかに奥行きがある。単純な悪とは描いていない。
また主人公が画家として大成し気弱で根暗少年であったノヒラが映画監督として注目を浴びるラストに
不満を感じる向きもあるかも知れないが個人的にはキャラに対する暖かさを感じた。
お天気お姉さんの山岸とかこの作者はダメ人間や日陰者に対する視線の暖かさを感じる。




184 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/09(金) 20:20:37 ID:1ryq2GaB
結局差別なんて無いってこった

185 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/09(金) 22:42:23 ID:1RNmPNyQ
>>138
>>141
お前ら「嫌韓流」ってぐぐってみ(嘲笑

186 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/09(金) 22:59:31 ID:ukbD8Gp0
>>185
坊や、このスレで話題になってる映画、少なくとも
三本は見ておいで。坊やもここへ書き込みしたかっ
たらな、お勉強しよな。

187 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/09(金) 23:55:10 ID:HHlXuiUL
日本映画史に残る川島雄三の名作「幕末太陽伝」も
鈴が森の刑場に罪人が引かれていくシーンで非人が映るシーンが問題になってた時期がある、
と聞いたことある。

188 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/09(金) 23:58:17 ID:TFNRi76n
>>187
そうなんですか。

でも、東映時代劇でもろに非人が出てきて、
かつまた他の登場人物に非人と言われている
作品がありました。題名忘れちゃったんですが。
カラー作品です。

189 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/10(土) 00:04:03 ID:u3Sqqw6x
ただ「京阪神殺しの軍団」は意欲作だとは認めるが正直、失敗作だと思う。
山下耕作はやはりこういう題材に向いていないと思う。
脚本というより演出の問題。
ちょっと山下は品が良すぎる。
せめて中島貞夫、あるいは佐藤純弥あたりならもうちょっと猥雑さが
出たし素材を上手く料理したことだろうと思う。
関係ないが山下耕作のピークはやはり60年代までなんだと思う。
70年代以降は作品にも恵まれなかったせいもあるが時代に上手く乗り切れなかった
面は否定出来ない。

190 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/10(土) 00:52:08 ID:gTRiIh5g
罪人を先導して行くのは非人の仕事だったから、
どうしても映っちゃうよね。
中世頃から天皇の棺桶を担ぐのも非人の仕事だったし…
今は違うと思うが。

191 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/10(土) 01:30:28 ID:uenWVnrF
>>189
>中島貞夫
中島といえば「実録外伝 大阪電撃作戦」が面白かった。「やくざ戦争 日本の首領」で、外に
飲みに行く辰巳周平(鶴田浩二)に、妻(市原悦子)は「血圧が高いんやさかい、
ホルモンはあかんで」と声を掛ける。このあたりも意味深。
在日・部落云々とは別に、大阪の下層庶民の情景としては中島「暴力金脈」の通天閣下の
「ニャンバーグ」や、深作欣二「暴走パニック・大激突」で、渡瀬が故郷を捨てて
大阪に出稼ぎに来ていた家族たちに安い飲み屋でモツ鍋を振舞う場面が印象的。

「暴走パニック」のような荒唐無稽なカーチェイス映画においてさえ、下層庶民の
貧困と哀歓というテーマを入れざるを得ないのが東映流。
もっともアメリカのチェイス映画にせよ、例えばスピルバーグの「続激突 カージャック」などは、若い
ホワイトトラッシュ夫婦がパトカージャック事件(人質になる警官も下っ端で中堅以下の庶民そのもの)で
一躍、アメリカ南部の大衆のスターになる、というシニカルな話ではあるんだが。

ニューシネマ系アクションの社会批評性を日本流に翻案すると中島や深作が一時期撮っていたような
映画(「ジーンズブルース・明日なき無頼派」や「狂った野獣」等)になるんだな。

192 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/10(土) 01:33:02 ID:rmUfCNHQ
石井輝男の「徳川いれずみ師 責め地獄」は冒頭オープニングクレジットが処刑シーンの連続で
いきなり非人の方々が全開大活躍ですw

>>190さん
>中世頃から天皇の棺桶を担ぐのも非人の仕事だったし…
違います。
あれをやってる八瀬童子は非人・賤民の類ではけっしてないですよ。
この前の昭和天皇大葬の際も引っ張りだされてました。


193 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/10(土) 02:10:04 ID:bIelIrgq
>>186
おじちゃんよっぽどくやしかったんだね
ケラケラ

194 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/10(土) 02:18:06 ID:tJYIi8ZC
伊丹十三の「小説より奇なり」という本に、八瀬童子の方々へのインタビューが載っている。
網野善彦の研究なんかより、生々しくてずっと面白い。

195 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/10(土) 10:21:21 ID:zaua/GNr
>>189
70年代も名作演出してるよ。
『山口組外伝 九州進行作戦』は、山下将軍
らしい切なさがにじみでてる。実録路線の中
でも特に情感豊かな映画。

>>191
深作映画では『資金源強奪』でも通天閣が重要な
場として位置付けられてるね。

196 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/10(土) 16:15:37 ID:9Jgd8uYc
>>188
石井輝男の「徳川女刑罰史」の尼僧のエピソードでそんなシーンがありましたね
ちょっとビックリしました

当時はこんな描写が所謂「お叱り」を受けずに通用したんですかね?

197 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/10(土) 17:39:28 ID:6XImgJKz
>>196
そこらへん、不思議なんですよね。いわゆる「糾弾」はいちばん厳しいころだったはずなのに。

198 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/10(土) 21:56:43 ID:Ubyx4ZoH
通天閣と言って今思い出されるのは「砂の器」。
家出した本浦秀夫少年が拾われ、育てられた自転車屋は「恵比須町一丁目1」。

199 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 00:26:42 ID:phDFwi8v
糾弾する人々は東映作品なんて見なかったんですかねぇ
ハナから馬鹿にして

200 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/11(日) 00:50:57 ID:8DhSPLcZ
山下耕作監督『夜明けの旗 松本冶一郎伝』(1976東映京都)
を御覧になった方、おられますか?





201 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 03:06:57 ID:bcIIJPnh
あの当時の石井輝男作品は別の方向から激しい糾弾受けてたけどね。

202 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/12(月) 21:04:34 ID:tOrTXbfk
さそりシリーズ
つうか伊藤俊也が狙ったとしか思えないシーン多数

203 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/12(月) 21:29:40 ID:x/0VYpvD
祇園祭(1968)

未見のためお聞きしたいんですが、この映画はどういう扱われ方なんでしょうか。

204 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/13(火) 00:25:07 ID:n5Pjirst
>>202
伊藤俊也はアレな人だから、
「描かない事が逆の方向の差別」とか理屈こねてるよ、きっと。

205 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/13(火) 00:31:11 ID:wRTm66vh
>>203 『祇園祭』について。
映画としては大味でイマイチだと思いますね。
町衆のパワーと活力を謳いあげるのが当初の
企画意図だったと思いますが。竹中労や伊藤
大輔が離れてしまったんですよね。

ラストもいきなり泣かせ場になってご都合主義
的で、豪華キャストも総花的でした。

206 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/13(火) 14:50:01 ID:+hqCtLVD
>>201
「別の方向から激しい糾弾」とは?
具体的の教えて下さい

私の地方では名画座がなくてそういった作品を観る機会が少なくて困ります
皆さんはどうされてますか?

207 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/13(火) 15:31:08 ID:nrY789CU
東京に出ます

208 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/13(火) 16:35:08 ID:6zup1vxn
「天才バカボン」。
マンガの第一話読めばわかる。

209 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/13(火) 16:44:59 ID:+DZRTFQJ
>>206
石井作品は差別問題じゃなくてエロ・グロだろ。
東映のスタッフのサボタージュまで引き起こした大騒動知らんのか。

210 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/13(火) 17:10:09 ID:WXjSdR/A
まあそれで石井輝男の名を上げたのもまた事実なわけで。
ある意味、反キャンペーンを張った評論家の佐藤忠男などはある意味じゃ
逆に宣伝に手を貸したようなもの。
映画人なんて皆、したたかで商売人だから内心じゃその騒動はただで宣伝になって
ラッキーとすら思っていたかも知れないね。
おまけに東映なんて会社は半分やくざ集団だし。

211 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/13(火) 17:33:42 ID:Y5+jPsJE
鶴田や若山なんかも批判的だったよ。

212 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/13(火) 18:09:16 ID:Si/FQeRw
>>205
ご丁寧に、ありがとうございます。

213 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/13(火) 18:44:57 ID:RbHtcaZh
>>208
ご丁寧に、ありがとうございます。

214 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/13(火) 21:03:06 ID:8OJGqpoB
月はどっちに出ている

215 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/14(水) 19:46:51 ID:eSlc/KYU
石井輝男と言えば『明治・大正・昭和 猟奇女犯罪史』の高橋お伝のハンセン病の旦那のメーク。
メークというよりはかぶり物で、もうヘドラかゴケミドロといった感じの完全な化け物状態。
今度DVD出るらしいけど、大丈夫なのかいw
あれが許されるんなら、『江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間』も問題ないと思うのだが。

216 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/17(土) 21:41:21 ID:2Jvqaedi
やっばり東映がかなり意図的に撮っている作品が多いということか。

はやくDVDにしてほしいものだ。

217 :sage:2005/09/18(日) 13:31:34 ID:PcNtsVrb
>>215
書いちゃったのね。。。

お伝の旦那のメイク、
漏れも昔「Vゾーン」とかいうホラー映画雑誌で
奇形人間と一緒にジャパニーズホラーの一本として
紹介されてたのを見て、その怪物並みの崩れっぷりに
驚いたことがある。

218 :217:2005/09/18(日) 13:32:41 ID:PcNtsVrb
スマソ、sageの位置まちがえてしもた。

219 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/27(火) 08:45:50 ID:X58ao25k
豊田四郎&京マチ子&水木洋子「甘い汗」

店をやくざに乗っ取られて、
「俺が朝鮮人やと思って馬鹿にしやがって!
どれだけ俺たちを苦しめれば気が済むんや」

220 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/01(土) 05:06:59 ID:+rZeFW0E
>>166
そんな作品が撮れたのは内田吐夢、今井正、家城巳代治ら一部の巨匠

221 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/01(土) 15:37:59 ID:3HdJuKwt
レディージーカーって既出?
現代の風潮に合わせてほんのちょっぴり

222 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/03(月) 01:38:00 ID:owlNJRJn
>>203

祇園祭では、はっきりと差別があることを前提にして話が進んでいくよ

でも部落の頭領の娘が岩下志麻だったりして、汚い、イヤな映像にはなってない

竹中(当時も日共の下級党員)はもともとエンディングを「戦艦ポチョムキン」みたいにしたかった−対話路線でない大衆暴動にしたかった。

その路線が日共に受け入れられず、徐々に両者は離反。数年後に離党。映画が完成したのはそのずっと後。

223 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/03(月) 04:52:26 ID:99A/FrIy
ドキュメンタリーだけど、
今、日本映画専門チャンネルで「HARUKO」やってるな。

怒涛の人生を生き抜いた在日朝鮮人一世の母の半生を、カメラマンの息子が記
録したドキュメンタリー。ギャラクシー賞を受賞し大反響を得たTV番組を、劇
場用映画として再構成した。金本春子さん(韓国名チョン・ビョンチュン)は、
韓国・済州島生まれ。12歳で韓国から来日、7人の子供をもうけるが夫は放蕩。
家族を養うためにヤミ商売に手を染め、逮捕歴 37回。極貧生活、一家離散を
経験し、女手ひとつで子供たちを育てた来た。製作時87歳だった彼女の半生と、
在日朝鮮人の歴史を平行して描く。

あんまりおもしろくないな。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B8%88%E5%B7%9E%E5%B3%B6
歴史的経緯から地域差別が酷く、1948年4月3日に起った済州島四・三事件では、
少なくても死亡者3万人にのぼり、それから逃れる為に、自ら日本に渡って来
た在日コリアンが居るが、その人々は、現在において、その事を隠すために、
「日本に強制連行されて来た」と偽る者も多い。

確かに徴兵されてきたって言って、子供にたしなめられてたわ(w

224 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/03(月) 07:06:48 ID:iz8z+Kyw
意外と思うかもしれないけど「王将」。
坂田三吉は大阪府堺市のK町出身です。
作品中に自分の名前以外に文字が書けないシーンが出てきます。
他では「懲役太郎まむしの兄弟」ね。モデルとなったのは元山口組の加茂田重政。
加茂田は神戸市長田区B町出身です。ちなみにこの映画の舞台となったのはミニ西成ともいわれる新開地ですね。
坂田三吉も加茂田重政も地元のムラでは人気があったそうです。

225 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/03(月) 10:44:37 ID:7SEVD2kZ
「王将」の話はガイシュツ。
坂田三吉を演じたのがよりにもよって三國連太郎だからね。

あと加茂田の生い立ちを書いた『週刊実話』が解同から糾弾されたことが確かあったような。

226 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/03(月) 11:38:49 ID:xoG1FOvg
>>222
どうもです。
はっきりとテーマになってるんですね。
やっぱり聞いてみるもんだな・・・205さん共々、どうもありがとう。

227 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/03(月) 20:51:00 ID:eVMkWJyE
「人間みな兄弟」
被差別部落を描いた映画ですが
ソフト化されてるのでしょうか?

228 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/05(水) 07:04:32 ID:hBv1q59c
こんな温和な板があるなんて知りませんでした。
私は日本人ですが、差別が嫌いな者です。
 ヨソのスレで、関係ないのに、別称の代名詞として、朝鮮人を挙げる人が数多く居ます。
 深く考えていないからなのか、思想的に根ざしているのか、よく判りません。
 例えば、以下、ピンク板なのですが、ひどい蔑視の発言があります。
http://love3.2ch.net/test/read.cgi/ex/1125654829/401-500
 文章がおかしい事を、「おまえはチョンか!」と非難しています。
 他にも差別発言は多数あります。つい気になって、ココに書かせて頂きました。
 

229 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/05(水) 08:09:29 ID:pYUpMLqI
>>228
昔の邦画の話をしなさい。

230 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/05(水) 13:12:03 ID:FUTC2nh+
日本映画専門ch「青春の門」放送中あげ

231 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/05(水) 13:56:14 ID:FUTC2nh+
日専じゃなくて東映チャンネルだったスマソ

232 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/05(水) 14:20:21 ID:A+DhpgnO
豚鶏心中

233 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/08(土) 03:23:31 ID:jZUd3AJF
九十九本目の生娘は、部落VS小村の戦いを画いてるよね

234 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/08(土) 12:48:52 ID:uGE1x/aV
戦前の映画『彦六大いに笑ふ』で朝鮮人差別を嘆く台詞が
あった。

235 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/09(日) 20:05:26 ID:2KlChPbj
「ときめきに死す」で沢田研二の故郷の描写が気になった

236 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/10(月) 22:49:46 ID:XV+PO0ov
『キューポラのある街』原作者、
早船ちよさん、10月8日死去。 91歳。
合掌


237 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/11(火) 19:04:11 ID:FH5YaoPi
>>235
同意。

238 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/11(火) 22:20:57 ID:Nryms83T
千葉真一版のウルフガイ

239 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/12(水) 17:51:44 ID:IhJACDTh
夜明けの旗は、近くの大学の黒ヘル系サークルが上映会をしているの
見た。伊吹吾郎が松本治一郎役でなかなか迫力があった。
特に福岡連隊差別事件の裁判で天皇制を糾弾する所なんかかっこ良かった。
ちなみに東映の岡田社長は超ヘタレ役で出ていた。

240 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/12(水) 23:39:20 ID:bWYsmMtI
>>239
貴重な証言・ご感想、ありがとうございます。
中々リバイバル、されないんですよね、この映画。

241 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/13(木) 14:59:56 ID:ZgEDfm1a
>>235
「ときめきに死す」は好きな映画だけど森田はそういう社会的な問題を意図的にやってるか?と
言えば決してそんなことはない気はする。
むしろわざと意味ありげに思わせぶりにやってるだけって気もするんだよね。
こういう描写をすればこういう解釈をするやつがいるんじゃないか?と。
被差別とか学会を思わせる新興宗教とか。
ただ森田はそういう問題は映像に託して何らかのメッセージを発したい、という
考えはなかったと思う。



242 :235 :2005/10/14(金) 05:47:13 ID:q7j/K2G9
>むしろわざと意味ありげに思わせぶりにやってるだけって気もするんだよね。
>こういう描写をすればこういう解釈をするやつがいるんじゃないか?と。

自分もまさにそう思う、独特の透明感と清涼感のある好きな映画です。

243 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/14(金) 13:27:23 ID:ImbIOujV
自分は関東の新興住宅地に生まれ育ったので同和教育を
全く受けたことがありません。被差別部落が近隣にないので。
学校の上映会でも同和映画の類は一切なし。障害者映画は結構
見ましたが(「典子は今」や「片足のエース」)。

大学へ入ってから北九州出身の同級生から、同和教育の類が
山ほどあって嫌になった、と聞いて驚いた覚えがあります。
地域によってかなり差があるようですね。

244 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/14(金) 15:46:52 ID:18aSStw2
>>243
それ板違いの話やん

245 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/14(金) 21:56:44 ID:XpOBbEAY
ま、板違いってほどじゃないけどね。

>被差別部落が近隣にないので。

これは恐らく知らないだけでは。

246 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/17(月) 19:17:48 ID:hopN8pDS
俺は北東北出身なので、本当に実感ゼロなんだよな。
その後、最近になって、
北九州市のある大きな同和地区周辺に住んだことがあるが、
やはり世界が違うなあ…と思ったね。


247 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/22(土) 14:31:51 ID:qN2JzNxL


248 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/22(土) 14:59:20 ID:iEFDk/GQ
大体、北東北ともなると都会がないからね。
都会なら同和じゃなくても、スラムくらいはあるものだけど。

249 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/22(土) 15:17:28 ID:qN2JzNxL
ぼくんち
漫画傑作

250 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/22(土) 18:11:20 ID:iEFDk/GQ
NECOでやってる清順の「海峡、血に染めて」、
国際ギャング団の朝鮮人女ボス、初井言栄キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!

251 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/22(土) 21:50:13 ID:3W4lFL0M
初井コトエなら、まだ朝鮮人ぽいからいいけど、
最近の映画は窪塚、原田芳雄とか沢尻エリカとか明らかに
朝鮮人ぽくない顔付きの俳優がやっていて、見ててしっくりしないね。
在日の俳優とか、日本人でも朝鮮人ぽい顔の俳優を使えばいいのに。

252 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/22(土) 22:40:14 ID:d6Md+49+
>>246
>>248
藤本儀一が書いていたんですけど、川島雄三が故郷について
「青森には、放送用語で言ってはいけない制度がない。これは、
不幸だ。地主がいて。小作がいるだけだ。大阪なんて、地主、
小作がいて、モロモロの人種がいる。それは人類だ」
なんて言ったそうですね。
雑多な有象無象がいるのが文化だ、ということでしょうか。

253 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/22(土) 23:02:26 ID:3W4lFL0M
川島家は比較的裕福で近くの貧しい農家とは縁組をしなかったので、
近親結婚が多くて代々、体の弱い子が生まれる家系だった。
川島も病気持ちで長く生きれないと覚悟の上の創作生活で、
結局早死にしちゃったんでしょ?

254 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/22(土) 23:20:33 ID:d6Md+49+
財産を守るため親族同士で縁組していたのであって、
身分的な禁忌ではなかったということなんじゃ
ないでしょうかねぇ。
私は知識がないのでなんとも言えませんが……。

255 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/22(土) 23:29:14 ID:3W4lFL0M
そうだろうね。近代の話だし、財力がまわりと違い過ぎたようです。

256 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/22(土) 23:59:38 ID:iEFDk/GQ
両方ですよ。血統と財産。
商家と言えども何も珍しいことじゃない。


257 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/23(日) 00:46:24 ID:RkrK5PIu
ショーンコネリーの話題になったアメリカ映画もあったね。
日本語字幕は違うけど。
あと、スレ違いかもだけど、サンカものというのはないのかな。

258 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/23(日) 00:52:29 ID:qcNX9sQd
>サンカもの
ヒント:中島貞夫監督、ショーケン主演の「瀬降り物語」
この板にも専用スレあり。

259 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/23(日) 01:44:12 ID:6lCMys7g
サンカの三角寛が、池袋の文芸座と人生座を経営していた。

260 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/24(月) 00:16:19 ID:0yeRNlRX
アニメですが、じゃりン子チエも在日の話でしょう。

261 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/24(月) 13:22:21 ID:aYAmw/+5
三角寛はサンカ研究者だよ。

ところで、誰か「人生坐大騒動顛末記」って呼んだことある人いる?
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9979599901

262 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/26(水) 00:22:27 ID:nLThX3aT
初恋・地獄変。
あと新藤兼人の映画でタイトル度忘れしちゃったけど全然、被差別問題扱ってる
映画じゃないんだけど貧しい靴屋の娘が駆出されてみたいな映画あったなあ。

263 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/26(水) 18:25:54 ID:9WGtuAwS
やくざの墓場くちなしの花

264 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/26(水) 19:53:02 ID:o6uKYH82
マジレスすると在日に関してはもはやタブーではなくなってるよね。
芸能人もだいぶ、カムアウトしてるし月9ドラマですら在日をテーマにした
ドラマ作ってるくらいだしね。
もはや某芸能人が在日といっても驚かない時代になってる。
未だに根強くタブーが残ってるのはやはり被差別問題だろう。
こちらはまだまだタブーは歴然と残っている。

265 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/26(水) 21:25:06 ID:D5k2fRYt
同和問題というのは、不思議だな。
前にデーブ・スペクターが朝ナマで「部落問題は世界でただひとつの
実態のない差別問題だ。日本独特だ」と不思議がっていたが、確かに肌の色や
国籍にまつわるものでなく、身体障害精神障害でもなく、職業差別でもない。
(現在では獣皮関係の仕事=被差別地域の人ではない)

266 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/26(水) 21:48:28 ID:bpigs1vf
>>265
ヒント:皇室の存在

267 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/26(水) 23:40:35 ID:bDE0Edj2
日本の右翼のふりしてる奴やヤクザや部落やってるのの内の、
かなりが実は朝鮮人という事を、外国のメディアみたく、
普通に日本国内でマスコミが、言えるようになれば、
だいぶ風通しよく変わっていくんだろうね。

268 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/27(木) 00:26:08 ID:JsOzZBq2
言えないこと多いよね。これもそうだ↓
日本の不良の使う隠語ってハングル起源がやたらに多い。

269 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/27(木) 16:51:50 ID:HXCtzR5H
>>265
ヒント:でピント


270 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/28(金) 15:50:57 ID:XpUAvcHk
在日の人がスターや「顔のいい人」とかを朝鮮人でないのに
「朝鮮人だ」と言いたがったり、逆に印象が悪い人が朝鮮出身である事や犯罪者の
朝鮮人名とかを「発表するな」等言ったりせず、普通にしてくれれば
在日と日本人は素直に対話出来るだろう。三つの国籍と二つの名前も
ころころ変えず、ちゃんと一つに選ぶ事も大切だと思う。
変な所でイメージが膨らむのは良くない。

271 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/28(金) 17:19:27 ID:xOyOj1TZ
映画の話してくれよ…

272 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/28(金) 22:39:34 ID:XpUAvcHk
社会あっての映画だからいいと思うよ。そうゆう話も。
ところで、俳優の大泉晃の父でロシアハーフの小説家、大泉黒石が
島崎藤村以上にモロの作品を書いてるけど、
あれは、映画になってないのかなぁ?知ってる人いますか?

273 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/29(土) 00:15:15 ID:6TICrjOg
http://www.shokoku.ac.jp/~nakazawa/caligari.html
大泉と映画というと溝口のが有名だよね

274 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/29(土) 01:34:45 ID:CMRfniFn
部落とは関係ないやつでしょ?ドイツ表現主義みたいの?
それって今見れますか?写真でしか見たことないなぁ。
前にちょっとだけ見た事ある衣笠の精神病院の映画みたいな感じなのかな。

275 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/29(土) 01:45:01 ID:aR6GVPwH
これは勉強になった。
(差別問題とは関係がないが、)
大泉黒石の作品はホフマンの小説の翻案とあるが、ホフマンと言えば、
フロイドが「不気味なもの」という論文で分析対象にした小説「砂男」の作者でもあるね。
翻案というのは、黒岩涙香や初期の江戸川乱歩がやっていたようなものか。
そういうのを手掛けるということは、大泉滉は流行作家だったのか。


276 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/29(土) 01:46:21 ID:aR6GVPwH
間違えた。
そういうのを手掛けるということは、大泉滉の父さんは流行作家だったのか。



277 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/29(土) 09:51:12 ID:25pQXVqo
日本のドストエフスキーという異名があるぐらいだから、
人気作家かな。全8巻の全集も出ている。

278 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/29(土) 14:24:40 ID:CMRfniFn
この時代は心霊とかそうゆうのが流行った時代だった。
大泉は文檀から離れてたので今の時代の文学好きの人にすれば
メジャーじゃないかも。小説の方は○たの金持ちの女性が出てくる恋愛話で、
エンディングは「俺がハマーだ」最終回的というか、
三池の「デッドオア〜」的な感じだったと思う。

279 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/29(土) 15:57:38 ID:xqTdmc8a
俺んちの田舎、在日朝鮮人学校があるんだわ。で、そういうところって必ず朝鮮人部落ってのがあるんだよね。朝鮮人なんかが犯罪犯してそこに逃げ込まれると、警察も手出しが出来ない
くらいの暗黒街なんだわ。 親から『あの近所には絶対近づくな。どうしてもあの近所に 用があるときは、包丁でもなんでもいいから、必ず武器を持っていけ。』
って言われたくらいだからね。俺が小学校高学年の時かな。
下校途中の中学生の女の子が、在日朝鮮人学校の生徒にレイプされる事件があったんだよ。たまたま一緒にいたクラスメートの男子が助けに入ったんだけど、彼はバットか何かで
頭を殴られてしまったんだ。女の子の方は、部落に引きずり込まれてさんざん嬲られた挙句、あそこに電球つっこまれて、それが中で割れちゃっててひどい事になっていたらしい。
結局、頭を割られて血まみれになったクラスメートの男子と一緒に、ほとんど全裸で通りに放り 出されていたのを通行人に助けられたんだ。頭を割られた男の子は、頭蓋骨陥没骨折と脳挫傷で
3日後に死亡、女の子もレイプされたショックから立ち直れず、半年くらい後に、『お母さん、ごめんなさい。』って遺書を書いて自殺しちゃったよ。

俺はその時、子供ながら『何で、あの女の子が“お母さん、ごめんなさい”なんて書いて自殺しなきゃなんないんだ。?悪いのはみんな在日朝鮮人だろう。!!』って、
物凄い怒りを覚えたよ。警察も動いたけど、結局、部落には踏み込めなかったよ。最後に警察が掴んだ情報は、『犯人は総連にその日のうちに保護されたもよう、2〜3日後に
総連の保護のもと、北に逃げたと思われる。』という情報だけだったそうだ。
女の子が自殺して二年くらい経った時かな。?被害者の遺族あてに差出人不明のいやがらせの 手紙が届いたんだ。内容は『お前達の息子を殺し娘を犯した者達はわが祖国で労働英雄となった。
いい気味だな日本人。』という内容だったそうだ。 結局、被害にあった家族はみんな町を捨ててどこかに引っ越していった。

280 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/30(日) 00:35:26 ID:IBnn6LnQ
それが映画化であればスゴイけどね…在日、部落、アイヌとかだと
文化映画や教育映画ではたくさんテーマになってるのが
あるんだろうが(つまらんのが多いけど、面白いのもたまにある)
なかなか公共の上映会とかでしかみる機会がないし、情報がないね。

281 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/30(日) 01:11:20 ID:TaQmp2/P
うんうん、レスが付かないのは寂しいもんねぇ

282 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/30(日) 08:21:21 ID:DlqZmhyg
>>280
現代風にアレンジして脚本を書き換えたらレスがつくかもしれないな。
http://www.google.co.jp/search?&q=%E9%A0%AD%E8%93%8B%E9%AA%A8%E9%99%A5%E6%B2%A1%E9%AA%A8%E6%8A%98+%E9%9B%BB%E7%90%83+%E5%8C%85%E4%B8%81

283 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/30(日) 22:55:53 ID:kbTNT4hv
>>279
そんな酷い事件があったんなら、
もっと知られていてもおかしくないような気がするんだが・・・
場所はどこらへんなの?

284 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/31(月) 03:43:11 ID:ILIeg/l1
うんうん、馬鹿にされるのは悔しいもんねぇ

285 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/31(月) 12:58:22 ID:om47whBd
そんなに気をまわすなよ。うんうん返し君。
別にお前が、このスレでバカにされてるわけじゃないんだから。
映画の話に戻ろう。

286 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/01(火) 19:01:20 ID:Pc+pD7rq
千葉真一の少林寺拳法の映画の始めのほうに
在日が出てくるシーンがあったと思う。

287 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/05(土) 19:46:45 ID:ZfeYmdYt
戦後の朝鮮人が、ちょっとだけど山城しんごの作った
「本日またまた休診なり」に出てきてた。素人監督にしては
この映画は結構面白い。快楽亭ブラックも推していたような。

288 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/07(月) 01:19:50 ID:Bkuw2n89
>>277
息子は日本のサルバトールダリだしな。

顔が

289 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/07(月) 13:33:32 ID:c2BCUIFS
岡田真澄の方が血を引いてる大泉あきらよりロシア人ぽいね

290 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/07(月) 13:55:00 ID:GJrdgynG
岡田真澄の伯母だか叔母がコペンハーゲンにある人魚姫の像の
モデルだってね。

291 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/07(月) 15:27:42 ID:lYT61GMX
うちの婆さんが困ったことにV6の岡田准一を、ファンファンの隠し子だと未だに信じてる。スレちがいですたw

292 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/07(月) 16:21:59 ID:9871++gI
岡田は北欧のハーフなのか。でも、北欧っていう感じはあまりしないな。
今年は生誕100年記念で成瀬監督の企画があちこちでやってるが、
その成瀬作品で高峰主演の女が階段を上がるとき
にクラブの経営者役で朝鮮人か中国人が登場してる。


293 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/07(月) 16:38:35 ID:6BE33jx1
山茶花究ね。なまりが中国人(旧台湾省人)っぽいな。

294 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/08(火) 07:25:55 ID:GXbwnAkO
>>287
本日またまた休診なり 自体が、完全に部落を描いた映画。舞台も登場人物も部落。
すごく良い映画。

295 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/08(火) 10:02:53 ID:DcgWnFvx
>>294
部落じゃねーよ。
何を根拠に勝手に勘違いしてんだ?
あれは山城新伍が町医者だった実父をモデルにした映画。
山城は一般のボンボン育ちだ。
ただ「完全に」ではなないが、「部分的」には出てきたかもしれないが。
山城の父は被差別の人達も積極的に診療して、京都ではちょっとした名物医者だったらしいから。
なお、同じような環境に育った芸能人として、弁護士を父に持つ上岡龍太郎がいる。
だから山城と上岡はウマが合った。

296 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/08(火) 18:48:57 ID:ikKJWCb4
>1
「血と骨」。コンビニで「血…」のマンガ読んだら
あまりにも内容が凄惨で気分が悪くなったよ。

映画はまだ見てない。これから見るんだけどね、衛星劇場で。
しっかし朝鮮人て好き好んでああいうわけわかんない暗黒生活してるとしか
思えないね。あんなんじゃ差別されるわー、関わり合いになりたくないもん。
それが何で貧困とか差別に結びつくかね?
絶対好き好んでワケワカメのキモい生活してたんだと思う。

イヤだったら抜け出そうと努力するはずだもん。

297 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/08(火) 19:39:37 ID:a7+OWjMy
朝鮮人はケンカぱやいとか、荒っぽいとか
ハードボイルド的に扱ったりして、ああゆうのを売りにする
映画や文章の企画やネタはいやだねぇ。

298 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/08(火) 23:31:05 ID:VyHLaVs6
ホルモン料理の語源は「放るもん」、つまり日本人が棄てる
部分の肉を具材にした料理。
アメリカ南部の黒人料理が、まさにそういう感じで、どこへ
行っても、差別される社会は似た文化を築くんだなと思った。

299 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/08(火) 23:43:03 ID:Sf6JIJSY
>>289
大泉晃がダリなら
岡田真澄はスターリンだしな。

300 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/08(火) 23:50:00 ID:VyHLaVs6
スターリンって大きく見えるけど、実は160センチだってね

301 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/09(水) 03:25:28 ID:s7HlBi60
>>296
お前頭悪いから言っておくと、朝鮮人だからまともな仕事口は見つからず、貧しかったからああいう生活していたんだ。
男尊女卑はあの国の文化みたいなものだ。
金持ってるパチンコ屋の朝鮮人とかは、セレブ気取りのいい生活だ。

302 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/09(水) 23:02:59 ID:KUNlr/KL
なんで公営でもないのにパチンコだけ、
堂々とお金に換えれるギャンブルなの?
そうゆう所をちゃんと描いた映画とか見たい。

303 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/10(木) 00:40:00 ID:6gFd9gR4
>>302
いちおう「ゴト師株式会社」シリーズでは、遊技業界の裏面も垣間見れる。
ttp://www.jmdb.ne.jp/person/p0053090.htm

まあ、撮影上、業界やメーカー・ホールにも協力してもらっている作品なので、そんなに
露骨でもないかな。「スパイ大作戦」のノリでパチンコを描くという、パチ
ンコものVシネという奇妙なジャンルから生まれた珍品。

>>295
山城の父親は医者と言っても貧乏医者だったらしいけどな。カネのない奴には
採算度外視で診ていたらしいので当然だけど。
だから山城は解同とも仲が良く、実は人権問題にはかなり造詣が深い。
怪しげなパチ屋の資金で映画(Vシネ)を撮ったりもしているけどw

304 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/10(木) 04:55:52 ID:/hW1w3cQ
>>302
パチンコ店の近くにTUCと書かれた交換所があるでしょう。
あそこが警官OBの天下り先だから。(マジで)

305 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/10(木) 04:58:39 ID:JQnAEemI
粘着捕虜乙

306 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/10(木) 20:39:50 ID:AaFhVFsY
どうも、ビデオ映画系はあまり見ないので「ゴト師〜」は
見た事なかったな。山城は部○関係ぽい本も書いてますね。
石原都知事のカジノが実現したら、ちゃんと換金できて
まともなビジネス、システムになればいいな。

307 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/10(木) 21:21:29 ID:AxpFkBMs
「ゴト師」シリーズはどれもこれも、ひどいもんだよ。
パチンコ界の裏側っていうと、柳町の「愛について、東京」の方がまだ出ていた。

石原のカジノ構想は、ようするに役人の天下り先確保でしょ。
地方競馬もtotoも大赤字で大変なのに、いまさらカジノなんか作っても人気が出るはずがない。

308 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/10(木) 22:10:19 ID:AaFhVFsY
でも、パチンコは人気あるんだよね。私はやらないから
何がよいのかわからん。どっちにしても天下りかよという感じだなぁ。
ゴト師とかビデオ映画には内容は期待してないけど拾い物が
万に一つ位ないかなとも思い見ることもあります。

309 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/11(金) 19:13:23 ID:djL6m7xF
http://www.maxam.jp/product/dispProduct.php?film_id=2005112501

↑映画「在日」

310 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/11(金) 20:06:10 ID:FXCrUBe4
力道山が自分で自分の役をやってる映画は結構あったな。
美空とかも自分の役で出てた。
(ヤクザとの交流で朝鮮人じゃないのにそう思われた美空は可哀相)
まぁ力道山は百田家の養子に入ったからちゃんとした日本人だが。
〜 パチンコで稼いだ金が送金されてミサイルになって
飛んでくるんなら同じ天下りでも、カジノの役人天下りの方がましだな。

311 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/11(金) 21:33:38 ID:sdOdHU3F
単純な話、就職口があればもっと早く日本社会に溶けこめたんだろうよ。


312 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/11(金) 21:46:07 ID:FXCrUBe4
親日派で日本やアジアのために一生懸命だった朝鮮人達には、
戦争に負けた後でもちゃんと日本人にしてケアしても良かったと思う。
そうゆう人達の話は映画とかでもみないね。
誇りを持って、日本兵として戦った朝鮮人、台湾人もいたはずなのに。

313 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/11(金) 21:50:34 ID:W5E6TJch
高砂族のドキュメンタリーならあった。

314 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/11(金) 22:38:08 ID:FXCrUBe4
あ、数年前の高倉健の韓国ロケした特攻隊の映画忘れてた。
でも見てないからオレは内容はわかりません。

315 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/11(金) 22:52:54 ID:BMoe3ruJ
けっこう日本軍によるアジア解放ってスローガンを信じているアジア人って
多いよね。カンボジアのシアヌーク殿下とか。

316 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/11(金) 23:09:19 ID:FXCrUBe4
華僑と白人が組んでて、現地人が虐げられてたからだろうなぁ。
タイとかの映画で日本軍人と現地人が結婚したりする映画とかあったね。
メナムの残照?だったっけ。
日本が作った国策映画ではシナ人が出てくるのは満映とかで多いけど
朝鮮人が出てくるのはあまり本でも見た事ないな。

317 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/12(土) 00:28:13 ID:3m0zYCnO
何せシアヌーク殿下は北朝鮮に亡命中、金正日の金で戦争映画を作り、
自ら日本軍の将校を演じたぐらいだ。 観てえな、この映画!

318 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/12(土) 08:23:41 ID:tZ2kD9Ne
>>316
この前、豊田四郎特集で「若き姿」(朝鮮映画)観たよ。
http://www.jmdb.ne.jp/1943/bs000680.htm
朝鮮の中学生が軍事訓練に励む映画。
日本人の教師が優しく訓導するというような内容。

NFCより、
> 日本支配下の朝鮮を舞台に、日本の勝利を信じて厳しい軍事教練に励む中学生
> たちを描く。1942年に設立された国策会社、朝鮮映画の第1回作品で、女優文芸
> 峯(ムン・イェボン)など現地の名優も出演したが、スタッフはほとんど内地から派遣
> された。冒頭が欠落している。

今井正の「愛の誓ひ」も観たいんだが。
日本人と朝鮮人が力を合わせて匪賊(実は反日ゲリラ)を征伐する話らしい。

319 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/12(土) 09:47:31 ID:H72UYZbH
豊田は朝鮮人監督も育ててるみたいね

320 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/12(土) 10:40:58 ID:tZ2kD9Ne
朝鮮映画のことも、満映や上海〜のような書籍が出ないかな。

321 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/12(土) 10:53:30 ID:mhuJoxZp
柳町光男監督の「19歳の地図」で韓国語を話すおばさんたちが出てくる
けどあれは東京のどこなのかな?中上健二の原作にはない場面だね。

322 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/12(土) 11:53:15 ID:tZ2kD9Ne
元の事件は池袋だよな。

323 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/12(土) 12:10:30 ID:H72UYZbH
植民地時代の台湾、朝鮮、樺太、パラオとかの
当時日本語で作られていた本や映画は興味深いのがいっぱいあるけど、
なかなか目に出来ないね。満映のはソ連が持ってったから
向こうにまだあるんだろう。あとフィルムの個人コレクターが
かなり持ってるらしい。

324 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/12(土) 12:39:19 ID:tZ2kD9Ne
旧朝鮮総督府が結構最近まで博物館になっていたくらいだから、
朝鮮映画の資料も誰かが秘匿しているかも知れない。

325 :296:2005/11/12(土) 21:02:54 ID:f2QY1Lnj
>>301
ハァ?お前誰に向かってモノを言ってるつもりなんだい?
戦後の在日出稼ぎ外国人が仕事ないのはあたりまえだろうが!
偉そうに知ったかぶりしてんじゃないよ厨房。ちゃんと大学出て来い。

貧乏でも必死に働くのは日本人でも同じなのに
なぜあんな不条理な暴力を働いたり、家族なのに互いを傷つけあったり
破壊行為しまくったり、ウジのわいたものを人に強制して食べさせたり
病人を殺害したり、まともと言えない職業ばっかりワザワザ選んだり!

そこがキモいって言ってるんだよ馬鹿が!
貧乏そのものがキモイなんて誰も言ってないし。男尊女卑なんて今時文化言ってる野郎は死ね。
いくらカネ持ってたってパチンコ屋なんて全然ダメだね。
きっと来世で解体されるブタに生まれ変わって生きたまま解体される側に回るだろうよ。

カネよりももっと大事なものが世の中にはあるんだよ!わかったか!

326 :296:2005/11/12(土) 21:07:46 ID:f2QY1Lnj
今日衛星劇場で「血と骨」見たけど
高校生の娘はあきれて途中で見るのやめちゃったよ(プッw
旦那とあたしも必死で最後まで我慢してみたけど
なあ〜んにも得るものなかった(ワラ

まさおの「好き勝手に生きてきたんだから、これからも好き勝手に生きていけ」と
キチガイ親父に吐き捨てたのが、一等まともな発言だったね。
やっぱりあの朝鮮人の親父はキチガイで好きでああいう暗黒生活送って
たってわけだよ。あのまさおはキチガイ親父と縁を切って良かったってわけだよ。

327 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/12(土) 21:54:32 ID:fDRo3HZX
高校生の娘がいるお母さんですか・・・。
世の中にはいろんな人がいるんだなあ。
びっくりしました。2ちゃんねるって社会勉強になりますね。







でも本当は、娘もいないし母親でもないんでしょ?

328 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/12(土) 22:02:07 ID:Ps6l6YIq
被虐映画か。マッズォヒズムってか

329 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/13(日) 19:14:09 ID:9heFg6ck
黒澤明作品にもありそうだな。
「どん底」とか。
「天国と地獄」が引き合いに出されるが、これは違う。
犯人が住んでいた家は、一般のアパートに過ぎない。

330 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/13(日) 19:57:31 ID:W9mSWSih
月はどっちにでてるとか血と骨とか崔洋一の映画はつまらんが、
それは置いといて、ああいうテーマを在日の崔が撮れば、
誰も文句言わないのに、日本人監督が朝鮮人の披差別意識や
コンプレックスからくるおかしさとかを描いた映画を撮れば、
すぐゴチャゴチャ言ってくる奴や団体がいるんだろう。
自由にものが作れるようにしてほしいな。

331 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/13(日) 20:30:26 ID:dweyH82s
>>330
>自由にものが作れるようにしてほしいな。

差別を飯の種にしている連中がいる以上無理

332 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/13(日) 20:37:27 ID:W9mSWSih
「それは、差別だ!と指摘する事を飯の種にしてる連中」って事だよね

333 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/14(月) 02:18:28 ID:X3yc8idH
>>329
あのクラブの鏡のシーンでやたらハングルが目立ってたけどな

334 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/14(月) 11:37:30 ID:ncW+Yh7y
多摩市でやってる映画祭で在日映画の特集やるみたい。
梁石日がゲストだって。


335 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/14(月) 19:02:02 ID:N3PblvAc
>>325=326
いいねえ、正論だ、うれしいよ。
ほんとだよな、日本人だって大変なんだよ。

>>327
バカヤロ!!
お前は人情が分かんないのか。
やだねえ、こういう奴
野暮な書き込みしやがって、早く死ね

336 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/14(月) 21:32:22 ID:omS8Jt9Y
崔自身も差別的と感じるなら(自分の作品を)を文句は言ってほしい、
みたいな事を言ってたな。
確か、「犬、走る」を発表した頃。岸谷五郎演じる刑事が
在日朝鮮人のバーのボーイに暴力ふるって「お前らに人権なんかねーよ」って
シーン。

崔はたまにゾクッと来る映画を撮るから好きだ。でも最近はちょいと
パワーダウンしてるな。頑張ってくれい。

337 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/14(月) 23:23:16 ID:ra6XIqtu
そんなのも日本人監督ができるといいね。
崔はもともと色んな意味で安全な人という感じだし、
この人の作品からは「危険性」はうかがえない。無難な人という感じ。
ただ若いころはよくいじめられたらしく、そのコンプレックスが
メディアでの、意見言いだがりキャラのしつこい自己主張、
過剰な自己防衛につながっているんだと思う。

88 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)