2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

言いそびれたことありますか?

1 :ナナシア:2005/11/03(木) 22:00:58
忘れられないことなど色々聞かせてください

2 :大人になった名無しさん:2005/11/03(木) 22:53:49
ありがとう

3 :大人になった名無しさん:2005/11/05(土) 22:32:03
高校の時、ずっと好きだった。
二年の終わりごろから病気で学校にいけなくなったけど、
ずっとずっと君のことを思ってたよ。
死ぬまで好き。

4 :大人になった名無しさん:2005/11/05(土) 23:08:42
君の事をずっと好きだった………ずっとイジめていてごめんね。
君が嫌いになっても僕の気持ちは変わらない。
君の事をずっと守っていたい。
イジめたことを後悔してる。
もう会え無くなったり、もう一緒にいられなくなっても、
僕の気持ちは絶対に変わらない。いや、変えたくない。
君の事が好き。って伝えたかった。
君は今どこに居るんだろう?君は今何しているんだろう??
そんな事を考えているだけであの頃に戻りたくなる。
なんて、今言っても遅いと思うけど。大好き。
君への思う心は変わらない。何があっても。
何故今になってこんな事を言うんだろう?
あの時に言えば良かったのに。
それでも君の事が好き。何が有ったとしても…………



5 :大人になった名無しさん:2005/11/09(水) 23:42:11
もう8年も前になるが、小学校6年の頃私は病気になり入院を余儀なくされた。
あれを食べては駄目、これを食べては駄目、の厳しい食事制限。
そして移動は車椅子のみという、まだまだ子供だった私には窮屈な環境だった。
当然ストレスも溜る。よく研修に来ていた看護婦さん(?)に奴あたりをしては、やり場のない怒りをぶつけていた。
その看護婦さんは最後の研修の日に私にプレゼントを持ってきてくれた。中身はコップとお皿、おはしを入れられる手作りの布製品だった。どうやら看護婦さんは私が毎回引き出しからわざわざ取り出している様子を見ていたらしい。
『これなら紐があるからテーブルの横に結べば、いつでも出し入れしやすいよ。どう?嬉しい…?』
照れ屋な上に反抗期に差し掛かっていた私、思わず『…微妙』とめんどくさそうに言ってしまった。
一瞬悲しそうな表情をしながらも『そっか、ごめんね』と笑ってくれた看護婦さん。もう名前も顔も忘れてしまったけれど、私が本当に言いたかったのは
『微妙』なんかじゃなくて
『気付いてくれてありがとう。凄く嬉しい。あと意地悪してごめんなさい』
だったんだよ。
あの時の看護婦さんの表情を思い出すと今でも切なくなる。

3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)